高知県のトラックを高額買取!

高知県で需要のあるトラック・重機とは

高知県には、県魚であるカツオが九州などから集まる漁港があります。 この漁港からカツオが各地に配送されていて、カツオを積んだ保冷車が夕方に市場を出て、翌朝大阪の市場や小売店などに到着します。 しかし、運搬に使われる保冷車は、古い車両だと保冷機能が4年程度で悪くなり、併せて燃費も悪くなってしまいます。 厳選された5社に査定依頼を行える一括査定王は、古い保冷車でも高く買い取れる業者が揃っています! もしも古くなった保冷車の買い替えをお考えなら、一括査定王を活用して車両を高額売却しましょう!

  • 厳選5社
    一括査定
  • 総合満足度
    96.3%※1
  • 最高差額
    52万円!※2

※12017年弊社満足度調べ ※2平成16年・47万km・レンジャー冷蔵冷凍の買取実績例

  • 車種

  • 形状

  • 年式

  • 走行距離
    稼働時間

ネットより早い、電話査定!! フリーダイヤル:0120-966-552 9:00~19:00(日曜除く)

高知県で需要のあるトラック・重機とは

高知県には、県魚であるカツオが九州などから集まる漁港があります。 この漁港からカツオが各地に配送されていて、カツオを積んだ保冷車が夕方に市場を出て、翌朝大阪の市場や小売店などに到着します。 しかし、運搬に使われる保冷車は、古い車両だと保冷機能が4年程度で悪くなり、併せて燃費も悪くなってしまいます。 厳選された5社に査定依頼を行える一括査定王は、古い保冷車でも高く買い取れる業者が揃っています! もしも古くなった保冷車の買い替えをお考えなら、一括査定王を活用して車両を高額売却しましょう!

  • 厳選5社に一括査定
  • 総合満足度96.3%※1
  • 最高差額52万円!※2

※12017年弊社満足度調べ ※2平成16年・47万km・レンジャー冷蔵冷凍の買取実績例

査定見積もり代行します!

  • 車種

  • 形状

  • 年式

  • 走行距離
    稼働時間

無料相談はお気軽に! フリーダイヤル:0120-966-552 9:00~19:00(日曜除く)

高知県の買取実績

高知県で買取をしたお客様の声

お客様の声

満足度:4.5   満足度4.5   /  N.Sさま(男性・40代・ 高知県) /  ご利用時期:2016年 6月   /  三菱ふそう   /  スーパーグレート   /  セーフティーローダー

自動車税を5月に支払ったばかりであったが、車の調子が悪くなり、修理代がバカにならないため、泣く泣く売ることになった。 車はかろうじて動くものの、エンジンからの異音、車内灯がつかない、ボディの傷など… 状態は決して良くなかった。 こちらのサイトで少しでもお…>>続きを見る

お客様の声

満足度:4   満足度4   /  H.Eさま(女性・30代・ 高知県) /  ご利用時期:2018年 11月   /  酒井重工業   /  タイヤローラー

仕事が忙しく中々時間を合わせられなかったが、対応してくれたスタッフには結構私のわがままを聞いてもらった。終始明るく接してくれたスタッフには感謝です。>>続きを見る

高知県の買取対応地域

  • 高知市
  • 南国市
  • 四万十市
  • 香南市
  • 香美市
  • 土佐市
  • いの町
  • 須崎市
  • 宿毛市
  • 安芸市
  • 四万十町
  • 土佐清水市
  • 室戸市
  • 佐川町
  • 黒潮町
  • 中土佐町
  • 越知町
  • 津野町
  • 仁淀川町
  • 日高村
  • 大月町
  • 土佐町
  • 芸西村
  • 大豊町
  • 梼原町
  • 本山町
  • 奈半利町
  • 田野町
  • 安田町
  • 東洋町
  • 三原村
  • 北川村
  • 馬路村
  • 大川村

高知県のトラック・重機買取について

高知県のトラック・重機事情

iwama bridge

高知県西部を流れる四万十川は、四国の中でも最も長い河川です。 この四万十川全域には、沈下橋(ちんかばし、ちんかきょう)と呼ばれる橋が47ヵ所に架けられています。
沈下橋とは、低水位時は橋として使えますが、増水時には水面下に沈んでしまいます。 四万十川本流には9本の沈下橋が架けられていて、生活や風土に基づいた景色として、国の重要文化的景観に選ばれています。
これらの沈下橋は観光地にもなっていますが、構築から40年から60年が経過しているので、腐食や老朽化が進んでいます。
中でも四万十川市にある岩間沈下橋は、観光地や林業車両の通行道として親しまれていましたが、2017年11月には路面の折れが発見されました。
沈下橋の修繕は、その橋の架かる市区町村が担当することになっています。もし四万十市内の沈下橋を全て修復するとなった場合、10億円以上の費用がかかる試算になっています。
このため、四万十市では橋の修繕費用をふるさと納税で募集しましたが、2017年12月から2018年2月までの間に7,240万円までしか集まっていません。
この状況を受けて高知県は、2018年9月から市区町村が負担する修理費用の半分を補助することを決定しました。
このような費用が投じられている岩間沈下橋の工事では、橋脚部分の補修にクレーン車やユンボ、ミキサー車が使われています。

高知県の状況

高知県を代表する魚であるカツオは、高知県内での漁獲量が年間200万トン近くあります。
この漁獲量は2016年の都道府県別では第4位であり、第1位は宮城県となっています。 高知県内の代表的なカツオ漁港は、1本釣りで有名な黒潮町の佐賀漁港や宇佐漁港、土佐清水港などが挙げられます。
また、高知県はカツオの消費量が全国的に突出していて、全国平均の年間支出額が1,500円であるのに対し、高知市の年間支出額は8,900円と、5倍以上も消費しています。このため、高知県内で消費されるカツオは、県内で水揚げされる分だけでは補えず、宮崎県や長崎県からもカツオが運ばれているのです。
さらに、高知県内の漁港に昼間水揚げされたカツオは、競りが行われたあと、すぐに保冷車に保管されます。

高知県のトラックを最高額で買い取る買取業者に一括査定依頼する

トラック買取エリア一覧

高知県のトラック買取

査定見積もり代行します!
今すぐ無料 簡単査定
PAGE TOP