トラック買取業界事情・高知県

高知県の運送業界事情

高知県の特色

高知県は人口約73万人でその46%が高知市に集中しています。県外流出によって人口減少が続いている県です。若い世代(生産年齢人口)比率が低い一方で、老年人口の割合が非常に高く、全国に先駆けて少子高齢化が問題になっています。
日本最後の清流四万十川、水辺利用率全国一の仁淀川、物部川、安田川や四国カルストなどの天然の観光資源が豊富にあります。高知県とカツオは切り離せない存在で重要な水産資源。「カツオのたたき」と「カツオの一本釣り」が有名です。
日本三大美林のひとつである魚梁瀬杉が有名で、大阪城や江戸城にも利用されていますが、林業従事者の減少によって山林の荒廃が進んでいることから全国的にも目新しい森林環境税を導入し保全政策を行っている県です。
高知市には全国で唯一闘犬センターがあり、土佐犬による闘犬の試合を見ることができます。
「アンパンマン」の作者であるやなせたかし氏の故郷であり、かの「坂本竜馬」を生んだ地です。

高知県のトラック・重機事情

高知県は四国山脈に阻まれ、交通の便が悪い県として「陸の孤島」と呼ばれていた地域です。本州四国連絡橋が開通し、高知市まで高速道路網で結ばれたのも近年になってからです。
トラック運送事業者やトラック保有台数も少なく、面積の一番小さい鳥取県と最下位争いをしています。トラック・重機市場においても「使いまわし」傾向が強く、市街地バスなどをはじめ古い車両を大切に扱っている県です。

高知県で需要のあるトラック・重機とは?

高知県は全国1位の森林率を誇るため、林業をはじめとする第1次産業が盛んな県です。
伐期を迎えた森林資源を見直そうと「土佐の森」を地域住民で支えあう活動が活発に行われています。業者に伐採を委託せず、自らトラックを利用して山林に入り木材市場まで搬出することで利潤を生んでいく「自伐型林業」を地域に広めていく活動です。
伐採に伴う重機やトラックの需要がこれから見込める地域です。

厳選5社に一括査定

  • フォームでの査定はこちら
  • かんたん査定スタート!
  • お電話での査定も受付中!
  • フリーダイヤル 0120-966-552 9:00~19:00(日曜除く)

査定額を比較して売却!

査定額比較 厳選5社の見積が分かる!一括査定へ!!

他の地域の買取業界事情について読む

  • 厳選5社の見積が分かる!一括査定へ!!
今すぐ無料 簡単査定 PAGE TOP