トラック買取業界事情・奈良県

奈良県の運送業界事情

奈良県の特色

奈良県の人口は約140万人で、北西部に人口が集中しています。
可住面積が日本一狭い奈良県では3分の2近くを森林地帯が占めており、南部には日本最大の村と呼ばれる十津川村があります。奈良県南部には2万3,000人ほどしか人が住んでいないというデータからも、異常なほどの県内地域格差が伺えます。
北部の奈良盆地に奈良県全人口の9割が住んでいて、奈良の大仏、鹿など代表的な奈良を象徴する観光産業と伝統産業(墨・筆・薬・漆器・素麺・清酒・茶筅・割箸等)を中心として栄えている街です。また地場産業では衣料品、ニット繊維毛皮革製品、スポーツ用品などがあります。
奈良県への年間観光客数は約4,000万人と言われていますが、宿泊施設が少なく、ホテルや旅館が充実している大阪や京都に宿泊客を奪われている状況からホテル誘致に力を入れています。
南部は山間部を利用した林業が盛んで吉野杉ブランドで知られます。

奈良県のトラック・重機事情

奈良県の道路事情はハッキリ言って過酷です。道幅は狭く、他県から流入すると急に路面が悪化することで「奈良県に入った」と実感できるほどです。
対策として道路を拡張するにしても至るところで遺跡が地面から多数見つかることから弊害となっています。その為に拡張工事ができず仕方なく狭い道路を高速道路並みのスピードで往来するドライバーが多く、また一方通行も多くなっています。ハード面でもソフト面でも過酷な道路事情となっている地域です。
「名勝奈良公園保存管理・活用計画」に基づき尚且つ若草山や国定特別天然記念物「春日山原生林」「奈良のシカ」などの生育環境の保護を考慮しつつ近代的な都市計画と調和をとりながら積極的に建設事業に取り組んでいます。

奈良県で需要のあるトラック・重機とは?

奈良県南部は日本三大美林・吉野杉の山地で有名です。今、この吉野杉を含め林業全体が死活問題となっています。原因は伐採しても林道に適したトラックが無いことです。「2トンの高床4WD車」で低速ギヤ付きトラックは入手困難であることから現在では中古車が非常に人気もあり、探している業者が多くなっています。4WD車全般、需要が高い地域となっています。

厳選5社に一括査定

  • フォームでの査定はこちら
  • かんたん査定スタート!
  • お電話での査定も受付中!
  • フリーダイヤル 0120-966-552 9:00~19:00(日曜除く)

査定額を比較して売却!

査定額比較 厳選5社の見積が分かる!一括査定へ!!

他の地域の買取業界事情について読む

  • 厳選5社の見積が分かる!一括査定へ!!
今すぐ無料 簡単査定 PAGE TOP