山口県のトラックを高額買取!

山口県で需要のあるトラック・重機とは

山口県内を通る国道491号線は、俵山から豊田間の延長が予定されています。 俵山から豊田間の延長工事は2019年度の完成を目指して、インターチェンジ3箇所やトンネル3箇所、橋梁6橋が造られる予定です。 トンネル工事にはユンボやホイールローダー、ダンプ車やミキサー車が活用されます。 しかし、効率的な新型車両に買い替えるため、古い車両の売却を考えることもあるかと思います。 一括査定王では、電話での査定依頼や無料相談を、日曜日を除く9時から19時まで受け付けております。 古くなった工事車両の売却をお考えなら、まずは一括査定王にお電話ください!

  • 厳選5社
    一括査定
  • 総合満足度
    96.3%※1
  • 最高差額
    52万円!※2

※12017年弊社満足度調べ ※2平成16年・47万km・レンジャー冷蔵冷凍の買取実績例

  • 車種

  • 形状

  • 年式

  • 走行距離
    稼働時間

ネットより早い、電話査定!! フリーダイヤル:0120-966-552 9:00~19:00(日曜除く)

山口県で需要のあるトラック・重機とは

山口県内を通る国道491号線は、俵山から豊田間の延長が予定されています。 俵山から豊田間の延長工事は2019年度の完成を目指して、インターチェンジ3箇所やトンネル3箇所、橋梁6橋が造られる予定です。 トンネル工事にはユンボやホイールローダー、ダンプ車やミキサー車が活用されます。 しかし、効率的な新型車両に買い替えるため、古い車両の売却を考えることもあるかと思います。 一括査定王では、電話での査定依頼や無料相談を、日曜日を除く9時から19時まで受け付けております。 古くなった工事車両の売却をお考えなら、まずは一括査定王にお電話ください!

  • 厳選5社に一括査定
  • 総合満足度96.3%※1
  • 最高差額52万円!※2

※12017年弊社満足度調べ ※2平成16年・47万km・レンジャー冷蔵冷凍の買取実績例

査定見積もり代行します!

  • 車種

  • 形状

  • 年式

  • 走行距離
    稼働時間

無料相談はお気軽に! フリーダイヤル:0120-966-552 9:00~19:00(日曜除く)

山口県で買取をしたお客様の声

お客様の声

満足度:5   満足度5   /  Y.Mさま(男性・50代・ 山口県) /  ご利用時期:2016年 9月   /  いすゞ   /  ジャーニー   /  送迎バス

一括査定サイトから、見積もりをお願いしました。 売却を急いでいたので、一番早く連絡をくれたここにお願いしました。 電話の担当は女性でしたが、実際に査定に来ていただいたのは、若い新人スタッフの方でした。 聞くと、夏に入社したばかりとのこと。まだ不慣れで、初…>>続きを見る

お客様の声

満足度:4.5   満足度4.5   /  I.Kさま(男性・40代・ 山口県) /  ご利用時期:2017年 2月   /  日立建機   /  締固め機械

購入した店舗で下取りをしてもらったことがあるが、大した額ではなかったのでインターネットで検索したらたどり着いたこちらの業者にお願いをしてみた。 無料で出張査定は本当のことでしたし、即現金になったので助かった。 また利用してみたい。>>続きを見る

お客様の声

満足度:4   満足度4   /  F.Dさま(男性・60代・ 山口県) /  ご利用時期:2016年 4月   /  日野自動車   /  レンジャー   /  保冷車

いつも通る道沿いにあるお店なので、直接電話して申込みました。 利用するのは初めてでしたが、電話の時点で好印象でした。 受け答えははっきりしているし、保留の時間も短い。 査定日については、「折り返し担当者から連絡します」とのことだったが、すぐに連絡がきた。…>>続きを見る

山口県の買取対応地域

  • 下関市
  • 山口市
  • 宇部市
  • 周南市
  • 岩国市
  • 防府市
  • 山陽小野田市
  • 下松市
  • 光市
  • 萩市
  • 長門市
  • 柳井市
  • 美祢市
  • 周防大島町
  • 田布施町
  • 平生町
  • 和木町
  • 阿武町
  • 上関町

山口県のトラック・重機買取について

山口県のトラック・重機事情

kanmon bridge

山口県西部に位置する下関市は、県の南側が瀬戸内海、西側と北側が日本海に囲まれていて、かつては日本一の漁獲高を誇る港町でした。
しかし、1960年代以降はトラックでの物流定着・漁港の近代化が進んだため、下関を経由しないで他の都市に漁獲物を輸送することが多くなり、漁獲量が低下しました。
このため、付加価値の高いフグを主体にした漁港への方向転換が行われ、1975年にはフグ専門市場の「南風泊(はえどまり)市場」が造られました。
南風泊市場のフグの競りは、全国で唯一「袋ぜり」という、袋の中で握手をするような方法で行われています。
2018年現在、フグの水揚げ高日本一である下関市は、フグの毒を取り除くために必要な「身かき」「皮むき」の加工工場が集中していることで、全国からフグが集められます。
また、高級なトラフグを運搬をする際は、フグの身を引き締めるのに必要な絶食を移動時間中に行えることから、活魚運搬車が活躍します。
活魚運搬車を使えば、南風泊市場からフグを生きたまま東名阪の各市場に運ぶことができ、また長崎・熊本の養殖業者から南風泊市場まで輸送することもできます。

山口県の状況

山口県を通る山陰自動車道は、鳥取県から山口県の日本海側を結ぶ幹線道路で、高速道路と国道が入り組んでいます。
山口県内では、山陰自動車道の幹線である国道491号線・俵山~豊田区間の延長が予定されています。
俵山~豊田区間の延長が行われると、俵山地区の災害時孤立防止や、医療機関への搬送時間短縮が可能になります。
また、九州方面へのアクセスが良くなるため、九州全体からの観光人口増加も期待でき、福岡から山口間の広域周遊観光ルート化が期待されています。

周遊観光ルートの中には、福岡県北九州市や山口県の萩市が含まれていて、これらの地域は世界遺産「明治日本の産業革命遺産」に指定されています。
北九州市には炭鉱・鉄鋼・造船業の文化遺産である八幡製鉄所があり、萩市には日本の近代化を切り拓いた歴史的な建造物である萩城下町や、近代日本を主導した多くの人物を輩出した松下村塾があります。

さらに、福岡から山口を訪れる観光客は、下関市が年間180万人以上なのに対し、産業革命遺産がある萩市は年間21万人程度に留まっているので、観光人口の拡大が狙えます。

山口県のトラックを最高額で買い取る買取業者に一括査定依頼する

トラック買取エリア一覧

山口県のトラック買取

査定見積もり代行します!
今すぐ無料 簡単査定
PAGE TOP