10トン(t)トラックを高額買取してもうらコツとは?

  • 2019年11月26日
  • ヨンビス
トラック・重機買取ノウハウ
10tトラック

トラックの中でも最も大型のタイプである10トン(t)トラック。この10tトラックを仕事で使用する中で、車両が故障して動かなくなったり、最終的に不要になる事もあるはずです。

しかし、車両を処分するにはそれなりの費用が掛かるので「買取に出して、買取額を新車の費用に充てたい!」という方も多いと思います。

そこで今回は、10トン(t)トラックを高額買取してもらうためのコツなどをまとめてみました。売却前に参考にして貰えると幸いです。

いち早くトラックを処分したい方はこちら!

10tトラックの高額買取について

トラックの中でも最も大きなサイズの10tトラック。10tトラックは積載重量が10t程度であるため、この名称が使われていて、大型トラックという名称もポピュラーです。

物流には欠かせないトラックである10tトラックを買取に出す際は、何を気にするべきでしょうか。以下のような項目が挙げられます。

  • 海外販路を持った業者を選ぶ
  • パーツや書類一式を揃えておく
  • 査定前に車両の清掃を行う
  • 複数業者の査定額を比較する

買取業者は、国内外で広く販路を持った業者がオススメで、状態を問わず高く買い取ることができます。また、査定に出す前にご自身で車両の清掃を行うことや、部品や書類などを一通り揃えておくことも大切です。

国内のトラックは、海外で数多く活用されいて、アジアなどを中心に海外に輸出されています。輸出される車両は、国内の排ガス基準に満たないなど、国内基準では活用できない場合が多くなっています。

また、日本車の古い車体は電子部品が少なく、修理のしやすさも相まって、人気が高くなっています。日本車の中古車は想像以上に活用されているので、「古い車両=安い」などと思わずに、査定に出したほうが良いでしょう。

さらに、査定は一社だけではなく、複数の業者の額を比較することも大切です。

一度業者に提示された査定額を業者に別の業者に伝えれば、金額アップも可能になります。金額の比較を上手に行い、高値の売却を行ってください!

10tトラックの査定価格・査定相場について

一括査定王では、過去に10トントラックを数多く買取しています。

ここでは、過去に買取業者によって買取された実績を挙げておきます。査定に出す前の参考にして頂けると幸いです。

海外に輸出される10トントラックは、車体がそのまま船に積まれて輸出されるか、車体を分解した上で、コンテナに入れて輸出されています。

日本の車両は、車検を通過していることもポイントとなり、中古車も国際的に人気です。10トントラックもアジア各国に輸出されていて、現地で活躍しています。

輸入を行う各国は、自国に自動車メーカーが少ないため、中古車への依存が高くなっています。

10tトラック買取についてのまとめ

最後に、ここまでの主な内容をまとめてみました。

  • 海外販路を持った業者を選ぶ
  • 複数業者の査定額を比較
  • 車体の清掃と部品の用意を行う

査定を行う業者について下調べを行い、複数業者の査定額を比較する事、車体の清掃や部品などの用意を怠らないことが大切です。

「どの買取業者に頼めば良いか分からない」といった場合は、一括査定サイトを活用して、査定金額の比較を行ってください!

10トントラックの形状詳細はこちら

専門業者に10tトラックの一括査定を依頼する!