重機買取【群馬】|群馬で重機を高く買い取ってもらうには?

  • 2019年11月06日
  • ヨンビス
トラック・重機買取ノウハウ
gunma-2

様々な文化を持っている魅力的な群馬県で、古くから使っている重機を売りたいという会社も多いのではないでしょうか。今回は群馬県の特徴や産業などを調べながら、中古の重機がどこに需要があるのかを調べてみました。

すぐにでも重機の一括査定を依頼したい方はこちら!

群馬の地理と地形の特色とは?

群馬県は、日本でも数少ない内陸地(海なし県)の1つです。

関東の北西部にあることから、中部・東北・関東地方の様々な場所と隣接しているという特徴があります。この特徴を活かし、群馬県には様々な道路が作られています。

また、活火山が多い場所でもあり、赤城山や椎名山など有名な山がたくさんあるのも1つの魅力です。気候に関しても特徴的で、山の多い北部と平坦な南部では気候が異なっています。

県全体が鶴のような形をしていることも有名ですね。

産業・工業の特性とは

群馬県は、他の県にはない特徴的な産業が多い事でも有名です。

世界に4箇所しかないハーゲンダッツの工場があるのは、有名な話だと思います。ほかにも、こんにゃくゼリーで有名なマンナンライフの本社もあります。

県南東部の太田市には自動車メーカーであるスバルの本工場があり、住所がスバル町となっているのも特徴的です。他にも、古くから伝わる伝統工芸品や、ゴロピカリなどの米麦栽培も有名です。

農業も盛んであり、キャベツ・きゅうり・こんにゃくなどは、日本の中でもトップクラスの生産量を誇っています。地域によって異なる気候や古くから伝わる伝統産業などの利点を活かし、他の県には真似できない、特徴的な産業が数多くあるのが群馬県の魅力です。

群馬の重機買取事情はどうなっているか

群馬県は、2019年10月に発生した台風19号による被害が大きかった県で、大規模災害復興法が適用されています。特に被害の大きかった県西端に位置する嬬恋村は、村の中心を走る国道144号線が数ヶ所崩落してしまいました。

これは吾妻川が氾濫したことが原因であり、国道を含む道路や橋、住宅の基礎が流される被害も発生しました。このような被害からの機能回復に向けて、道路復旧に関する費用を国が負担する予定です。

道路の完全復旧には相当の時間と工事回数が必要で、土砂を撤去するためにユンボも大量に必要です。復旧工事は長く続くため、ユンボなどの重機の買い替えが必要な場合も生じると思います。

そんな場合は一括査定サイトなどを利用して、買取価格を検討してみてはいかがでしょうか。

群馬で重機を高く買い取ってもらうには?

幅広い産業の展開や天災の影響によって、様々な重機が必要になっています。あなたの重機にも、きっと価値があるはずなので、どれだけ古くても、試しに査定に出してみることをおすすめします。

群馬県で重機を高く買い取ってくれる買取業者を探す!