トラック買取 求人での会社の選び方

  • 2018年01月25日
  • ヨンビス
トラック買取ノウハウ
求人での会社の選び方

トラックの買取業者の求人に応募して就職・転職したい!という場合は、どういった点を確認して会社を選べば良いでしょうか?また、実際に求人票を見るときに注意したほうが良いポイントとは?

今回は、トラック買取会社に入りたい方に向けて、会社の選び方を詳しくご紹介していきます。

トラック買取会社を選ぶ際のポイントは?

ここからは、トラック専門の買取会社を選ぶ際に、ポイントとなる要素をご紹介していきます。

会社選びのポイント

  • 自分の興味のある分野で働けるか
  • 自分の能力、経験を活かせるか
  • スキルを得られるか

無数にある会社を選ぶ際、まず「自分の価値観を持ったうえで、興味がある分野で働けるか?」ということと「自分の能力・経験を活かせるか、さらにスキルを得られるか」といった部分を軸にしましょう。
これらの軸が欠けていると、仕事のやりがいといった部分で影響が出てくるでしょう。

また、インターネットで「トラック買取 求人」と検索すると、買取依頼主の所まで赴く買取営業の求人や、テレアポで買取を行う求人などを見つけることができます。

会社の見分け方

実際に転職情報を調べる際は、以下のようなポイントに注視してみてください。

  • 社風や雰囲気、事業内容や評価制度などを確認
  • ワークライフバランスを取れるか
  • 業界での知名度・実績がある会社か
  • 新規事業を立ち上げる予定か
  • ホームページの作りが丁寧であるか
  • 自社工場を持っているか
  • アジア・アフリカなど海外に販路を持っているか

以上のポイントから、自分の働き方・ライフバランスに合っているかが大事であると言えます。

新規事業を立ち上げる予定の会社は、事業拡大ができるほどの売上があり、社員にも余裕があると言えます。また、インターネットでの売買に力を入れていれば、ホームページの作りが丁寧でユーザーに分かりやすくなっているはずです。

また、事業拡大の一環として、地方営業所での買取営業の求人を出している会社もあります。そんな地方営業所を設けているトラック買取会社は、以下が挙げられます。

関東地方
ZEAL.G・P(トラックファイブ) 東京都港区新橋5-14-10 新橋スクエアビル8階
トラック王国 東京都渋谷区笹塚1-48-3 笹塚太陽ビル4階
関西地方
近畿トラック販売(キントラ) 兵庫県神戸市中央区港島9-11-1

トラック買取会社は販売も併せて行っている場合が多く、自社工場を持っている業者も多くなっています。このような業者は自社で点検・整備および板金・塗装などを行えるので、車両状態を問わず買取ができます。

さらに、アジアやアフリカなど海外に販路を持っている業者は、国内で運転できないトラックを販売用に輸出しています。輸出までできる会社は、買取がより強い業者とも言え、会社規模も大きく安定していることが多いでしょう。

ちなみに、インターネットで確認できることは限られていますので、もし会うことができれば実際に働いている人・働いていた人などに話を聞いてみても良いでしょう。

会社に関するポイント

入りたい会社がある程度絞れたら、以下のような部分にも注視してみてください。

  • 業界未経験でもOKか
  • 免許の有無について
  • 買取台数によるインセンティブ制度があるか
  • 勤務時間や休日が自分にあっているか

トラックの買取業者の中には、業界経験が無くても大丈夫な会社が多くなっています。しかし、同業他社での実務経験があれば、入社後に役立つはずです。

また、役職によっては車両を運転することもあるため、要普通免許の場合もあります。

さらに、買取業務を行う場合、トラックを買取した台数によって賞与が与えられる「インセンティブ制度」があると、モチベーションにつながると思います。

加えて勤務体系は、始業が8時台、退社が19時台の場合が多く、各社で時間や休日が異なっています。この点もしっかりと確認をしておく必要があるでしょう。

職務上必要となりえるスキル

トラックの買取会社に入る場合は、入社前に以下のスキルを持っていると有利になるでしょう。

  • 営業スキル
  • 商用車に関する知識
  • 実務経験

トラック買取会社に入社すると、買取担当として中古トラックや中古重機を買取することもあるでしょう。この買取の商談は電話で行うことになるので、営業スキルが求められます。

商談を行う場合は、1日中電話で話すことになるので、喋るのが好きなことも必要になります。商談については、お客様がいつトラックを売却したいか・いくらで売りたいかなどの状況に合わせて、話し方のパターンを構築させる必要があります。パターンについては感覚的な部分が多いので、実務によって身に付いていくそうです。

買取の商談内容については「テレアポの仕事内容とは?」という記事も参考にしてみてください。

【関連記事】
トラック買取業界におけるテレアポの仕事内容とは?

また、査定を行う担当になった場合は、買取台数や地域によっては出張もあります。査定は事務所近隣地域の建築会社や運送会社などを中心に行い、全国各地に赴くこともあるため、査定先まで直行直帰の場合もあります。

さらに、郊外などにあるトラックのオークション会場に足を運ぶこともあり、オークション前日までに車両を搬入して、当日に売買を行うことがあります。

このため、トラックなど商用車に関する知識や、買い取った車両を回送するための大型免許も持っていると良いでしょう。

ちなみに、トラック買取業の実務経験者は、優先的に採用されることが多くなっています。

会社選びの注意点

では、実際に会社の求人に応募する場合は、あらためてどの部分に注意しておくべきでしょうか?

  • 給与・賞与・福利厚生
  • 勤務日時・休日
  • 通勤方法・経路
  • 転勤の有無

まずは、給与や賞与の金額について確認して、福利厚生などについても知っておいたほうが良いでしょう。会社によっては土曜が出勤の場合もあるので、週の休みが平日1日と日曜になっていることもあります。

また、事務所は主要な幹線道路の近郊などに作られるので、車・バイク通勤OKな場合も多くなっています。このため、自宅からの経路や事故などに注意しないといけません。

さらに、全国に拠点がある業者の場合は、勤務地の変更が生じて転居が必要になることも考えられます。

会社選びについてのまとめ

最後に、トラック買取会社の求人に申し込む際のポイントをまとめると、以下のようになります。

  • 自分の興味ある分野で働けるか
  • 社風などが自分に合っているか
  • 営業スキルやトラックに関する知識・資格があると良い
  • 福利厚生・勤務日時などに注意

また、当サイトの中には各地の買取業者について口コミを確認できるコーナーがあります。こちらも参考にしてみてはいかがでしょうか?

全国から厳選されたトラック・バス・重機の買取業者を探す