トラック買取【川崎】|川崎でトラックを高く買い取ってもらうには?

  • 2017年12月15日
  • 五十嵐ポー
トラック買取ノウハウ
川崎市の工業地帯

川崎市(神奈川県)は、2017年現在、政令指定都市の条件の3倍に相当する人口150万人超の大都市です。多くの都道府県、市町村が人口減少に悩む中、昭和30年以降、常に人口増が続く全国でも魅力あふれる人気の高いエリアです。

川崎には、日本が世界に誇るトラックメーカーの三菱ふそうトラック・バス株式会社が本社を構えていることでも有名です。また、京浜工業地帯の一翼を担い、鉄鋼業や化学工業が特に盛んなことでも知られていますが、川崎はもともとトラック需要の高いエリアでもあります。

現在では、2020年に控えた東京オリンピック開催に伴う関東圏を中心とした、大規模な建設ラッシュと共に政権主導の公共事業が重なり、トラック需要が高騰しています。それにより、中古トラックに対応している買取業者が数多く存在しています。

武蔵小杉
今も開発が進む武蔵小杉

中古トラックを世界規模で展開する巨大市場!

川崎にある“川崎港”は、東京国際空港に隣接し、我が国の国際戦略港湾に指定されています。また、国内第6位の貨物取扱量を誇り、平成28年度貿易額は1兆2,597億円を生み出しています。

中でも、自動車が輸出貨物全体の56.6%を占めており、欧米や中国、アジアなど日本製中古トラック需要が特に高い国を中心に、世界中の国々に数多くの台数が輸出されています。

さらに、様々な商品の大消費地である首都圏に隣接し、交通アクセスにも優れた川崎では、2017年から川崎港の商業機能強化と物流関連産業の集積を目的とした大型物流施設3棟の開発計画が着工され、この先も地域独自の強みが加速して行くことが予想されています。

貿易と物流という大きな強みを兼ね備えた川崎は、国内のみならず世界100ヵ国以上もの流通ルートを確立した超大規模なマルチマーケット展開を可能にしています。

川崎市内の買取業者は小規模業者が多い!?

川崎市内には多くの中古車買取業者が存在しますが、トラックを専門に扱い、会社規模の大きい業者は存在しません。

しかし、トラック買取業界全体を見ても全国に買取・販売拠点を設けているような大規模な業者はわずか10社程度しか存在せず、ほとんどは中小規模の業者が占めているのが実情です。

川崎市内に展開する中小規模の業者の多くは、地域密着型(市内又は隣接する地域まで)で事業展開し、買い取ったトラックのほとんどを海外へと輸出し多くの利益を生み出しています。

言うなれば、日本経済の中心である東京都に隣接し、首都圏に位置する川崎は、近隣都県を合わせると日本随一のトラック保有台数があり、買取業者は貿易拠点である川崎港をフル活用することで多くの利益を生み出せるシステムを構築できるのです。

川崎でトラックを確実に高額売却するためには?

川崎で中古トラックを確実に高く売るためには、ルールに沿った業者選びと査定額を吊り上げるために実践すべきコツがあります。

まず、業者選びで大切なのは買取業者の規模です。トラックは乗用車とは構造が全く違いますので、トラック専門の知識や技術を要することは買取業者に求める絶対条件です。

乗用車を専門に扱う買取業者では対応しきれない部分が多いのは当然ですが、たとえトラックを専門に扱う業者であっても会社規模が小さければ、買取から販売までに介する中間業者が多くなり、多くのマージンが必要とされることになります。

また、査定ポイントにも違いがありますので、総合的に専門スタッフを多く確保していなければなりません。そして、専門性が高く車両サイズが大きいトラックを扱いますので、大規模な敷地面積のある保管場所や整備工場が必要になります。

世界的な流通ルートの効果と買取業者に生じる査定額の差

整備や査定、保管など、様々なポイントを挙げましたが、中古トラックの高額売却に最も重要なのは買取後の販路です。

大手トラック買取業者の場合、日本製トラック需要が特に高い世界数十ヵ国に販売拠点を設けています。国内需要が低いとされる低年式や過走行、故障車、事故車は、海外になると高値で販売することができます。

お手持ちのトラックを確実に高額売却するためにも、世界的な流通ルートを確立しているような大きな強みを持つ大手トラック買取業者に依頼することが鉄則です。

川崎を含む首都圏エリアは、国内で最もトラック需要の高いエリアであり、数多くの業者が日々熾烈な争いを繰り広げています。

しかし、依頼する業者によっては小型トラックの場合で10万円以上の差が出るケースも珍しくなく、大型トラックの場合は100万円以上もの差が出るケースもあります。

これは、各社が高額買取を得意とする車種・メーカー等に違いがあることが大きく関係しています。このため、査定を受けるときは1社のみに厳選してしまうのではなく、最低でも3~5社程度の査定見積りを比較する必要があります。

さらに、各社に一斉に一括査定をかけることで、業者間で価格競争させ、査定額の増額を図ることができます。

川崎のトラック買取事情まとめ

以上、川崎のトラック買取事情についてお伝えしてきましたが、最後にポイントをまとめますと、

  • 川崎は日本屈指の貿易拠点であり、数多くの中古トラックが輸出される巨大マーケット
  • 大手トラック買取業者が日々熾烈な争いを繰り広げる首都圏エリアである
  • 高額売却を狙うには、全国に拠点を構えている大手トラック買取業者を選び、複数社の査定見積りを取り寄せること

です。これらに注意して良いトラック買取業者に出会えるようにしましょう。

川崎でトラックを高く買い取ってくれる買取業者を探す!