2017年10月04日 トラック買取ノウハウ

トラック買取【九州】|九州でトラックを高く買い取ってもらうには?

博多

九州は、大都市博多のある福岡県から、大分県、佐賀県、ジャパネットたかたの本社所在地がある長崎県、復興に燃える熊本県、鹿児島県、南へ行って沖縄県の計8県による地方で、産業は第一次、第二次、第三次と非常に盛んな地域でもあります。

今回は九州の地理的特色、産業の特色から見られる、トラック買取業界の事情について解説します。九州でトラックの買取、売却をお考えなら、ぜひお読みください。

九州の地理と地形の特色とは?

九州地方には北に関門海峡があり、政令指定都市である北九州市は、本土からの玄関となる大都市を形成しています。かつては北九州工業地帯として炭田で発達していましたが、近年は衰退しています。

九州には北部に筑紫山地と中心部に高く険しい九州山地がります。九州には主要な火山が3つ存在し、熊本には世界最大級のカルデラを持つ阿蘇山が存在します。長崎の雲仙普賢岳は火砕流によって多くの人命が失われました。鹿児島の桜島では現在も活発な火山活動があり地震も多発しています。また、有明海は潮の満ち引きが激しく、干潟で有名で、海苔の養殖が盛んな地域でもあります。

一方、平野部を見てみましょう。九州随一の米どころである筑紫平野では二毛作が行われ、山間部では見事な棚田を形成しています。

他にも野菜栽培の盛んな宮崎平野、井草の栽培で有名な熊本県八代平野もあります。ここは2016年に大きな熊本地震が2度に渡り発生し、甚大な被害が発生したところです。

鹿児島県には桜島の火山灰でできた農業には不向きとされるシラス台地があります。
屋久島
南部の海洋地域では、ロケット台のある種子島や、世界遺産屋久杉で有名になった屋久島、もう少し南に行けば農業や観光業で栄える奄美大島があります。

九州の産業の特色とは?

長崎県では造船業が盛んな佐世保市、長崎市があり、大分県では大分市で鉄工業、石油化学工業が発展しています。

熊本県の水俣市では化学工業が盛んです。汚染による公害である「水俣病」が歴史にありますが、現在では汚名を返上し、環境モデル都市になっています。

沖縄県は1972年にアメリカから返還された歴史があり、サンゴ礁などを利用した観光業が盛んな県です。

九州のトラック買取事情はどうなっているか

九州地方は近年大きな災害に見舞われ続けています。台風の玄関口であり、梅雨時には毎年豪雨による災害が多い地域です。
近年では雲仙普賢岳や桜島による噴火や熊本地震による東北地震に続く甚大な災害が起きています。
災害復旧にはトラックやクレーンを始めとする重機が欠かせず、九州地方全域に及んでトラックの買取が盛んに行われています。
流通においても大型観光バスや大型輸送トラックなどは、大阪や関東に向けての長距離運行が必須とされることから、車両の傷みも比較的激しく車両の早期買い替えに拍車を掛けています。

九州でトラックを高く買い取ってもらうには?

熊本地震からの災害復旧に向けて、トラックの需要がまだまだ続く九州地方では、中古トラック市場は活気があり、品質の良い中古トラックが少ないことから、低走行車や高年式車は大変貴重な車両として他の地域と比較しても九州地方では高価な取引が行われています。

また超低年式車両や過走行車両であっても貨物車であれば海外で大変人気が高まっていますので、高く買い取ってもらえる可能性が大きいでしょう。

九州でトラックを高く買い取ってくれる買取業者を探す!