重機買取【大阪】|大阪で重機を高く買い取ってもらうには?

  • 2019年10月15日
  • 五十嵐ポー
トラック・重機買取ノウハウ
osaka

関西を支える重要な都市の大阪は、とても工業が盛んであることをご存知でしょうか。今回は、大阪で重機を売りたい人に知ってほしい、大阪の基礎知識と工業に関する情報を紹介していきます。

すぐにでも重機の一括査定を依頼したい方はこちら!

大阪の地理と地形の特色とは?

大阪は、金剛山地や生駒山などのたくさんの山に囲まれた地形をしており、大阪湾に面している場所です。

また、大阪は本来陸地が少なかったことから、埋め立てを通じて人が住める場所を拡大し、都市を拡張させてきたという歴史があります。兵庫県まで続く広大な大阪平野は、この古くからの埋め立てによって作られてきたといっても間違いではありません。

大阪の産業・工業の特性とは

関西の経済の中心とも言える大阪は、産業の包括的な地域です。

海外との貿易を通じ、様々な商品が流通しているのはもちろんですが、食品や医薬品の生産も活発に行われています。歴史が長いことや食い倒れの街とも呼ばれ、観光スポットとしても有名です。

日本を代表する都市まで発展した大阪は、工業における技術力がとても高いという特徴があります。日本最大規模の工業地帯である阪神工業地帯があり、造船業や鉄鋼業なども行われています。

工業の歴史が昔から続く大阪では、すでに幅広い分野で工業が盛んになっていて、工場内外で様々な重機が活用されています。

大阪の重機買取事情はどうなっているか

大阪府では2019年現在、大阪駅の北側にある貨物駅の跡地を、「北梅田駅(うめきた)」として開発中です。

北梅田駅は貨物駅跡地の地下に設置される予定で、工事が進められています。

併せて、2019年7月に建設許可が下りた「なにわ筋線」の工事も行われ、完成すると大阪都心部から関西国際空港までの移動時間が短縮されます。

なにわ筋線の工事計画は1980年代からありましたが、インバウンド需要が全国2位まで膨らみ、関西国際空港の利用者が増加したため、2031年の開通を目指して工事が進められます。

北梅田駅の総事業費は約690億円を予定していて、工事ではラフテレーンクレーンやユニック、ダンプトラックなどが数多く活用されています。2023年開業を予定しているため、関連工事を含めて、古くなった重機の買い替えが発生するでしょう。

一括査定サイトを利用すれば、大手の買取業者から地元密着の買取業者まで、査定額を比較することが可能で、事故車や故障車、不動車でも買い取れますので、積極的に活用してください。

大阪で重機を高く買い取ってもらうには?

大阪で重機を高く買い取ってもらうには、大阪周辺での買取を行える、一括査定サイトに依頼してみるのが良いでしょう。

一括査定サイトを利用することで、買い取って貰いたい重機の相場が把握できるのはもちろん、高く買い取ってくれる業者を知ることができます。

阪神工業地帯は大阪をまたぐ程の広さなので、良質な中古重機はとても需要があると思われます。壊れている重機もパーツとして活用される場合がありますので、ボロボロであっても、査定に出すことを検討してみてください。

大阪府で重機を高く買い取ってくれる買取業者を探す!