【ユンボ 買取 栃木県】栃木県のユンボ買取事情は?

  • 2020年01月10日
  • ヨンビス
トラック・重機買取ノウハウ
oyama_station

県北部に山地が、県南部に市街地が広がる栃木県は、市街地での再開発が進められていて、ユンボなど重機の高需要が続くと予想されています。

今回は栃木県の中でも、今後発展が予想される小山市を中心に、栃木県のユンボ買取事情を確認していきます。

いち早くユンボを処分したい方はこちら!

栃木県の地理と特徴

栃木県の地理

人口約195万人の栃木県は、関東北部の内陸県で、北関東の一部としても数えられます。

県北部には山脈が連なり、山脈から鬼怒川、那珂川、渡良瀬川などの主要な河川が流れています。県の中央には県庁所在地の宇都宮が立地していて、人口の1/4程度が宇都宮市に集中しています。

また、県の南部には、宇都宮市から鉄道の線路も連なり、隣接する茨城県の県境でもある、小山市が立地しています。

栃木県の特徴

栃木県は、歴史的に農業や工業、商業から観光業まで強い県として位置付けられています。

2018年には、外国人を含んだ観光客が年間1億人程度訪れていて、観光客数は年々増加傾向にあります。

観光スポットとしては温泉地帯でもある県北部が挙げられ、世界遺産である日光東照宮を抱える日光や、温泉や高原がある那須の知名度が高くなっています。

また、2019年には台風19号によって河川が氾濫し、家屋や商店が浸水、災害ゴミの大量発生や、河川や道路の破損が発生しました。台風19号の被害は甚大だったため、2020年以降も復旧作業が行われています。

  • 歴史的に農業・工業・観光業が強い県
  • 台風19号の復旧作業が続いている

産業などの特徴

栃木県は、県庁所在地の宇都宮市や小山市などで、重機工場や食品工場といった大規模な工場が稼働しています。工場が多く連なる理由は、河川の水を有効活用できるためであり、稲作や飲料製造も盛んになっています。

また、宇都宮市と小山市は宇都宮線などにより都心へのアクセスも良く、ベッドタウンとしても機能していて、宇都宮市は利便性の良さなどから、国内の「住みよさランキング」で1位に連続で輝いています。

栃木県では、宇都宮市の住みよさなどを活かして、人口増加や転入数増加を狙いに再開発を進めています。

  • 大規模な工場や、住宅街が広がっている
  • 人口増加などを狙いに再開発が進められている

栃木県のユンボ買取事情は

栃木県の中でも今後更に発展が予想される地域が、小山市です。

小山市では駅周辺の再開発が進行中で、防災向けの高層建築物と、公共施設の建設が行われます。2020年中には、駅南東に高層マンションが完成する予定です。

また、宇都宮市内で工事中のLRT(次世代型路面電車)を、小山市でも採用する計画があります。この計画では、小山市内でかつて使われていた工場用の線路を活用して、LRTを運行します。

これらの再開発・建設のために、ユンボやトラックなどの重機・建機が必要な状態が続き、古い車両の処分によって買取の件数も増えることが予想されます。

  • 小山市では駅周辺の再開発が進行中
  • LRT(次世代型路面電車)の導入も計画されている

栃木県でユンボを高く買い取って貰うには

栃木県内では、上記のような再開発や災害復旧工事などが続けられるため、ユンボの需要も高まっています。このような需要が高い状況が続けば、中古車両の売買も増えるので、高額売却のチャンスです!

実際にユンボの買取を業者に依頼する際は、全国対応が可能な、ユンボ専門の業者を選びましょう。専門業者はユンボの車体やバケットなどの評価が可能で、海外を含めた広い販路を持つため、高額買取ができるという利点があります。

ユンボ専門業者の高額買取については、こちらの記事もご参考にしてください。

  • 再開発や災害復旧が続けられる
  • ユンボ専門業者を選べば高額買取に

栃木県のユンボ買取事情まとめ

以上の様な事柄から、栃木県のでのユンボ買取事情は、以下のようにまとめられます。

  • 栃木県は観光地やベッドタウンとして機能している
  • 2019年以降は県内の再開発や台風復旧作業が進められる
  • 小山市では駅周辺の再開発やLRTの導入計画が予定される
  • 再開発などでユンボが高需要の内に買取に出した方がお得

ユンボは古くなるほど査定価格が安くなりますので、価格や需要が高いうちの売却をオススメします!

ユンボの形状詳細はこちら

専門業者にユンボの一括査定を依頼する!