トラック買取のトラブル&裏話

  • 2017年05月22日
  • 五十嵐ポー
トラック買取ノウハウ
トラブルトップ画像

中古車の売却時には、いろいろなトラブルが起こるケースがあります。とくにトラックの場合は、売却時に様々なトラブルがあるというウワサです。

今まで大事に乗ってきたトラックですから、トラブルなくできるだけ気持ちよく手放したい……という思いで売却する人が多いはずです。それにもかかわらず、なぜトラブルが起こってしまうのでしょうか。

ここでは、トラック買取時に発生するトラブルや裏話についてまとめました。

トラック買取で多いトラブルってどんなもの?

優良なトラック買取業者であれば、トラブルも少なく、気持ちの良い取引ができることがほとんどです。

ですが、悪徳なトラック買取業者につかまってしまうと、思わぬトラブルが起こってしまう可能性があります!

キャンセル料を請求された!

トラック買取業者の多くが、「インターネット査定」を行っています。ネット上で査定依頼ができ、買取額の概算が分かるとても便利なシステムです。

ですが、実際に査定してもらうと、概算より査定額が大幅に低いことがあります。
その場合、買取をお願いすることを辞めようと思いますよね?しかし、その時キャンセル料を請求されることがあるのです。もちろん、初めからキャンセル料が発生する旨の説明はありません。

ですが、トラック買取業者から「このまま減額した額で売却するか」「キャンセル料を支払うか」の2択を執拗に迫られ、泣く泣くキャンセル料を支払うことになった……というトラブルが多発しています。

個人情報を売られてしまった!

トラックを売却する際には、色々な書類が必要になります。その際、もちろん個人情報もトラック買取業者側に提示しなければなりません。優良なトラック買取業者であれば、得た個人情報を買取以外に使うことはありません。

ですが、悪徳なトラック買取業者は、その個人情報を他業者へ勝手に売却することがあります。個人情報を売られてしまったせいで、悪用され、身に覚えのない封書が届いたり、電話がかかってきたりするなどのトラブルが続出しています。

→トラック買取の悪徳業者による被害の実例について

意外と知らない、トラック買取の裏話

トラック買取がどんなものか分かっていても、意外と知らないことが多い裏話をお教えします!

基本的には、どんな状態でもトラックは買取可能!

長年乗ってきたトラックや、走行距離の多いトラック。ボディにサビや傷が目立つものや、エンジンなどの不良があり、動かすことができないトラックなどは、「どうせどこにも売れないから、廃車にするしかない」と諦めている人が多いのです。
ですが、それはとてももったいないことですよ!

トラック画像
基本的には、どんなに古い状態であっても、トラックなら買取が可能です!壊れているトラックであっても、部品は使えることもありますし、外装がボロボロでも、バラせば、まだまだ使えるところがたくさんあることがほとんどです。どんな状態のトラックでも、買取ができないことはほぼありません。車検が切れてしまって乗れないというくらいなら、全然問題ないのです。

ですが、古いトラックの場合、色々なトラック買取業者にあたってみても売却先が見つからないことがありますよね。そして、「買取が難しい」と返事をしたトラック買取業者の多くは、「値段はつかないけれど、引き取りならOK」と言ってくることがあります。色々なトラック買取業者に査定をお願いしても、なかなか売却することができないこともあり、そのままタダ同然で買取業者へと手放してしまう人も結構多いのです。

タダ同然で仕入れたそのトラックをその後どうするのかというと、バラして部品などの使えるところを再利用し、整備して乗れるものは乗れる状態にして売却するケースがあります。はっきり言って、そんなことをするトラック買取業者は、優良な業者とは言えません!そのような話を持ち出されたら、簡単に返事をしないように注意してくださいね。

売却したトラックは、商用利用されることが大半

トラックを売却した時、「このトラックはこの後どうなるのだろう?」と気になりませんか?実は、トラックの多くは、そのまま商用利用されることが多いのです!あまりにもボロボロで、整備しても乗れないようなトラックはパーツのみ再利用しますが、基本的には、新たな場で活躍することが大半です。

優良なトラック買取業者であれば、トラックに入っている会社のマークなどは綺麗に消してから、次の利用者へ渡します。ですが、一部のいい加減なトラック買取業者の場合、会社のマーク等を消さずにそのままの状態で納車というケースもあるのです!

さらに悪徳なトラック買取業者だと、実際には会社のマークを消していないのにも関わらず、画像修正であたかも消したかのように写真を乗せ、ネット上で販売することもあります。もし、会社のマークがそのままの状態で何らかのトラブルが起こってしまった場合、あらぬことに巻き込まれてしまう可能性があるため、とても危険です!

悪徳なトラック買取業者に合わないためにも、売却後のトラックを次の利用者に渡ったタイミングで、会社のマークを消しているか確認することが重要です。

→トラック買取業者の上手な選び方について

トラック買取のトラブル&裏話まとめ

以上、トラック買取のトラブル&裏話についてお伝えしてきましたが、最後にポイントをまとめますと、

  • トラック買取の際は、キャンセル料の請求トラブルに注意すること
  • 悪徳なトラック買取業者の場合、個人情報を悪用される可能性に注意すること
  • どんな状態のトラックでも、基本的には買取が可能なこと
  • 買取後のトラックは廃車にならず、商用利用されることがほとんどであること
  • 売却後、会社のマークを消しているかどうか確認すること

です。トラック買取時にトラブルにあわないためにも、どんなトラブルが起こりうるのか事前に調べておきましょう。

厳選されたトラック買取業者に一括査定を依頼する!