トラック買取【横浜】|横浜でトラックを高く買い取ってもらうには?

  • 2017年12月13日
  • 五十嵐ポー
トラック買取ノウハウ
横浜みなとみらい

横浜市は、2017年現在、日本の市町村の中で最も人口が多い都市となっています。神奈川県の政令指定都市でもあり、人口も日本の市区町村の中で一番です。

横浜には、デートスポットとして人気の高い横浜みなとみらい21や、子ども連れにぴったりのアミューズメントパーク、そして世界最大級の規模を誇ると言われる横浜中華街など、魅力が満載です。そんな横浜市ですが、実は中古トラックの買取業者も数多くあります。

横浜は、中古トラックの一大マーケット

日本全国ほとんどの地域で中古トラックの買取は行われていますが、その中でも横浜市は日本を代表する中古トラックのマーケットとなっています。

“横浜港”は中古トラック輸出の拠点

横浜市で中古トラックの買取が多く行われているのは、横浜港があるためです。横浜港は、日本最大貿易港にも含まれているほど、規模の大きな港として知られています。

今は、車両だけにとどまらず、日本の流通を支えるために、多くの国への輸入輸出が行われていますが、もともとはトラックや一般自動車を含む“車両”が主な輸出品目でした。

横浜港が中古トラック輸出の拠点とされている理由は、海外への輸出がしやすい環境だからなのです。横浜港は、首都東京へ目と鼻の先の距離ですし、交通アクセスも良いため、様々な地域への移動が便利です。また、ふ頭内に十分な広さがあるため、大きなトラックでも搬入がしやすいことから、航路が豊富で様々な国へ輸出ができ、販路を広げられるのです。

大規模な買取業者ではなく、規模の小さい業者が多い

横浜という大きな都市ですから、トラック買取業者も大手で規模の大きなところが多いイメージされることが多いかと思います。

が、実際のところは、規模の大きなトラック買取業者は全体で見ても多くはなく、ほとんどが中小規模であったり、個人経営であったりするところが多いです。

中小規模の買取業者は、横浜でトラックを買い取り、海外へ輸出販売をすることに特化していることがほとんどです。それだけ“横浜”という地域に密着して事業をしている業者が多いということのです。

横浜でトラックの高額買取を狙うためのコツとは?

横浜でトラックをできるだけ高く買い取ってもらうためには、ちょっとしたコツをおさえることが重要です!

横浜以外にも支店を構えているトラック買取業者を選ぶ!

前項の話の中に合った通り、横浜市には規模の小さいトラック買取業者が中心となっています。売却先を選ぶ際は、その中でも“横浜以外の場所にも、買取センターやトラックの保管場所を構えている業者”を選ぶことが重要です。

なぜかというと、規模が小さく、中古トラックの保管をする場所が狭い業者は、トラックの在庫を保管する場所に限りがあるため、積極的に買取をすることが難しいからです。

ですが、他にもトラックを置いておく場所を用意している業者であれば、たくさんの中古トラック在庫を抱えることが可能なため、在庫を抑えておくために買取額が上がりやすいのです。

また、買取業者を選ぶ際には、1つの業者だけ検討するのではなく、複数のトラック買取業者へ見積もり査定を依頼しましょう。

大規模な買取業者の場合でももちろんなのですが、中小規模のトラック買取業者の場合は特に、業者によって強みや弱みが異なるため、同じトラックであっても、車種や形状によって買取額に差が出ることが多いのです。

A社とB社を比べて、見積もりの時点で10万円以上差が出ることも珍しくはありません。高額買取を狙うのなら、最低でも3、4社の見積もりを比較すると良いでしょう。

横浜のトラック買取事情まとめ

以上、横浜のトラック買取事情についてお伝えしてきましたが、最後にポイントをまとめますと、

  • 横浜港は、日本最大貿易港であり、中古トラックの輸出拠点となっていること
  • 横浜には、中小規模のトラック買取業者が多いこと
  • 高額買取を狙うには、横浜以外にもトラックの保管場所を構えている業者を選び、複数社に査定見積もりを依頼すること

です。これらに注意して良いトラック買取業者に出会えるようにしましょう。

横浜でトラックを高く買い取ってくれる買取業者を探す!