【ユンボ 買取 大阪】大阪のユンボ買取事情とは?

  • 2019年12月26日
  • ヨンビス
トラック・重機買取ノウハウ
yumbo_oosaka

近畿地方の中心地域である大阪でユンボを売却する場合、どうすれば高額になるでしょうか?今回は、2019年以降の大阪市の開発事情に結び付く、ユンボ買取事情についてお伝えしたいと思います。

すぐにユンボを一括査定に出したい方はこちら

大阪の開発事情

大阪市は近年、中心地域である梅田・心斎橋などで再開発が進められています。

この再開発の影響により、トラックやユンボなどの中古車両や中古重機の需要が増加しています。

うめきた・夢洲(ゆめしま)の建設・開発について

  • うめきた・夢洲周辺の開発が2025年頃まで続く
  • ユンボなどの重機の需要が高まっている

大阪市では、中心地域である梅田駅(大阪駅)の北部に、北梅田駅(通称うめきた)を建設しています。

北梅田駅の完成後は「なにわ筋線」呼ばれる新線が開通する予定で、利用者が増加している関西国際空港から梅田までの移動時間が短縮されます。

併せて、北梅田駅の周辺地域も再開発が進められていて、2023年(令和5)年から2024年(令和6年)の間に、商業施設や大規模な公園が完成する予定です。

また、大阪市の臨海地区にある人工島・夢洲(ゆめしま)では、2025年(令和7年)に万博(2025年日本国際博覧会)が開催される予定で、来場者数約2800万人・参加国150カ国を予想する、2020年の東京オリンピックに次ぐイベントと目されています。

万博の開催に伴い、島内の開発や新たな路線・高速道路などが作られる予定です。

このため、大阪市の大規模な工事は、万博が開催される2025年頃の完了を目指しています。ちなみに、夢洲などに関連した重機買取事情は、こちらの記事でも触れています。

大阪のユンボ買取事情

  • 総合買取業者やリサイクル業者が目立つ
  • 高額買取を目指すなら重機専門業者に依頼

上記の様な建設・開発では土地の整備・線路の新設などに、数多くのユンボが活用されています。

このような状況が数年続くため、大阪ではユンボの売買が盛んになっています。

では、大阪市などでユンボの買取を行う買取業者はどうなっているのでしょうか?「ユンボ 買取 大阪」というキーワードから、大阪の買取業者について調べてみました。

調べてみた結果、トラックや農具を買い取る総合買取業者や、廃品回収などを行うリサイクル業者が、検索結果に現れました。

このような業者は確かにユンボの買取が可能ですが、専門的な査定が行われないこともあるため、査定額が安価になることが考えられます。

このため「できるだけ高額で売却したい」という場合は、重機を専門している業者に査定を依頼してみてください。ユンボの高額査定などについては、こちらの記事もご参考ください。

専門業者と他の業者の違いについて

  • 業者や車両によっては安価であったり買取できないことも
  • 重機一括査定王は専門業者の査定額を比較できる

ユンボの買取を行う業者の中には、地域によっては対応できない場合も考えられ、ユンボの種類や状態によっては安価の査定額であったり、買取できないこともあると思います。

このような事態を避けるためにも、ユンボを専門的に買取している業者に依頼してください。

ユンボの専門業者であれば、全国対応が可能であったり、耐用年数を超えた場合・事故車・故障車でも高値を付けられます。

重機一括査定王は、このような重機の専門業者の査定額を比較できますので「他の業者よりも高く買取して欲しい」という場合はご一報ください。

大阪でのユンボ買取まとめ

以上の様な事柄から、大阪でのユンボの買取事情は、以下の様にまとめられます。

  • 大阪では2025年頃までユンボの高需要が続く
  • 重機を専門としない業者だと安価な場合も
  • 重機一括査定王は専門業者の査定額を比較できる

ユンボを査定に出す場合は、一括査定を上手に活用して、高額査定を狙ってみてください。

ユンボの専門業者に一括査定を依頼する!