2017年09月11日 ニュース

ワブコジャパン、大型トレーラー用エアロパーツを公開

オプティ・フロウ・サイドウイング
画像提供:ワブコジャパン株式会社

ワブコ(WABCO)ジャパンは、大型トレーラーの燃費向上やCO2排出量を減らせるエアロパーツのOptiFlow SideWings(オプティ・フロー・サイドウイング)を公開しました。

オプティ・フロー・サイドウイングは、欧米で取り入れられている省燃費用エアロパーツの一種で、トレーラーの走行中に気流をコントロールして、燃費を向上させられます。

シャーシ下部の空気を推進力に利用可能

  • シャーシ下部の空気を推進力に利用できる
  • ヒンジによって開閉が可能

オプティ・フロー・サイドウイングの特徴的な形状は航空宇宙工学に基づいたもので、空気がウイング表面を沿うことによって推進力に利用できたり、雨天時の水はね効果もあります。ウイングにはヒンジが備えられているので、整備時は開閉させて中を確認できます。

ワブコ・オプティ・フロー・サイドウイング動画

国内向けに改良され、単車用も開発予定

  • 国内トレーラー向けに改良される
  • 単車用サイドウイングも開発中

オプティ・フロー・サイドウイングは、ヨーロッパのトレーラーの規格に合わせて製造されているので、日本のトレーラー向けに改良される予定です。また、国内のトレーラーだけではなく、単車に向けたサイドウイングも開発が進められています。

オプティ・フロー・サイドウイングは取り付けると省燃費効果などが見込めますので、興味のある方は導入を検討してみてはいかがでしょうか?

85km/hでの走行時に1.5L/100kmの省燃費が可能に

  • 85km/hでの走行時に1.5L/100km程度の省燃費が可能
  • 欧米ではテール取り付けタイプも活用されている

オプティ・フロー・サイドウイングは、時速85kmでの走行時に1.5L/100km程度の省燃費効果が見込めます。ワブコのホームページでは、導入によって見込まれるコスト削減額を試算することもできます。

さらに、欧米ではオプティ・フローのテールタイプも販売され、トレーラーの後端につけることによって更なる省燃費が可能になっています。オプティ・フロー・サイドウイングは今後、国内でどのように展開されるか楽しみですね。

ワブコ・コスト削減額の計算可能ページ

http://www.wabco-auto.com/jp/products/category-type/trailer-aerodynamics/optiflow-sidewings/

関連ニュース

ワブコが大型トレーラー用のエアロパーツを発表
http://www.wabco-auto.com/en/products/category-type/trailer-aerodynamics/optiflow-sidewings/