PALTEK社、タイヤ空気圧モニタリングシステムを販売へ

  • 2017年09月01日
  • ヨンビス
ニュース
PALTEK
画像提供:株式会社PALTEK

PALTEK社は、フランスLDL社のタイヤ空気圧モニタリングシステム(TPMS)について、代理店契約を2017年8月に結んだことを発表しました。TPMSはアメリカなどで2007年9月より新車への取り付けが完全義務化されていて、国内では今後義務化が検討されています。

データ管理がクラウドで可能

  • 受信機とモニター、通信機がワイヤレス
  • クラウド上でデータを管理できる
TPMS仕組み
画像提供:株式会社PALTEK

LDL社のTPMSであるTire Watchは、受信機とモニター、通信機をワイヤレスで扱うことが可能です。通信には3G回線が活用され、センサーからタイヤの空気圧・温度・車輌運行状況などが取得された上、クラウド上で統合されたデータを管理できます。

取り付けと空気圧管理が簡単に行える

  • ホイルにワイヤーで装着
  • ディスプレイで空気圧を確認
TPMS取り付け
画像提供:株式会社PALTEK

Tire Watchは最大24輪まで対応でき、タイヤ部分のセンサーはワイヤーで装着するので、ホイルの種類を問わず取り付けられます。車内に取り付けられたモニターにより、適切な空気圧をリアルタイムで確認できるので、事故を防ぐことが可能になります。空気圧などが設定した値を超えると、ディスプレイに警告が表示されます。

もしもタイヤの空気圧が悪化すると、燃費悪化や安定性低下、磨耗助長や制動距離の伸長などにつながり、放っておくと最悪タイヤバーストが起こってしまうこともあります。

今後はネットワークサービスにも活用される

  • 自動車会社や物流会社、バス会社に提供
  • センサーを活用したネットワークサービスが行われる

PALTEK社は、出荷高の伸びや労働人口減少など、変化の多い物流市場を支えるために、Tire Watchを今後自動車会社やトラックを扱う物流会社、バス会社などに提供していきます。将来的には、Tire Watchを含めた多種多様なセンサーでのネットワークサービスを展開する予定となっています。

関連ニュース

日本も法制化を検討中!タイヤ空気圧監視システム
http://www.paltek.co.jp/products/ldl/