トラック買取時のパーツ(部品)の買取とは?

  • 2019年11月05日
  • ヨンビス
トラック・重機買取ノウハウ
parts

トラックのパーツ(部品)は、内装外装用から装飾パーツから様々ありますが、これらのパーツを好みや機能に合わせて装着しているかと思います。

しかし、トラックを売却する際は「トラックで使っていたパーツ(部品)単品は買取できる?」と思うのではないでしょうか。

今回はトラックのパーツ単品の買取について、買取業者の事情や高額になるパーツについてお伝えします。

いち早くトラックを処分したい方はこちら!

トラックパーツ(部品)の買取について

まずは、トラックにパーツ(部品)だけでも買取はできる?という疑問への回答ですが、販路を持っている業者であれば買取は可能で、パーツ単位で買取・販売を行っている業者も存在します。

また、トラックを買取に出す際は、カスタムパーツや取り外している純正パーツなど、持っているパーツをすべて売却することをオススメします。

純正パーツと併せて社外パーツを売却できれば、社外パーツは別途買取されるので、合計買取金額が高額になります。

  • 部品の販路を持っている業者は買取可能
  • 買取時はカスタムパーツと純正パーツを併せて売却
  • 合計金額がカスタムパーツ分高くなる

買取業者の部品買取などについては、以下の記事にも説明があります。

トラック買取業者の活用術、高額査定のコツとは?

パーツを買取する業者について

では、パーツを買取する業者の特徴とは何でしょうか?

このような業者は、トラックと共にパーツを買取する業者と、トラックとは別にパーツ単体で買取できる業者に分かれます。

パーツを買取できる業者は、自社工場を持っている場合が多く、事故車・故障車の買取時は、使用できるパーツを抽出して高く買い取れます。

  • 車体と併せての買取と、パーツ単体での買取に分類
  • 自社工場を持っている場合が多い
  • 事故車・故障車の買取時にパーツを抽出

業者によって買取されたパーツは「リサイクルパーツ」「リユースパーツ」として販売される場合もあり、新品パーツよりも安い価格で販売されます。

ちなみに、パーツ販売の延長としてキャビン単体の販売も行われていて、修理よりも早くキャブを修復できるため、事故時の緊急対応などに活用されています。

買取されるトラックパーツの種類

トラックのパーツは様々ありますが、買取業者は車体の各パーツからデコトラパーツまで、おおよそのパーツが買取可能です。

主に買取出来るパーツは、内装用・外装用、電装品・デコトラ用パーツなどで、カスタムパーツの中ではアイマックスバンパー・オバQバンパーなど、種類が幅広いバンパーに人気が集まっています。

  • 車体に関するおおよその部品が買取可能
  • 内装用・外装用、電装品・デコトラ用パーツなど
  • カスタムパーツではバンパーが人気

また、販売されている中古パーツ(リサイクルパーツ)を取り付けて活用できれば、新品パーツよりも安価に導入できるため、コスト削減などのメリットもあります。

トラックパーツの買取についてのまとめ

最後にトラックパーツの買取について、まとめてみました。

  • 買取業者はおおよそパーツを買取可能
  • 車体と併せて買い取る場合と、パーツ単品で買い取る場合に
  • 内装外装用、電装品、デコトラ用パーツなどに分類される

トラックを買取に出す際は、パーツも併せて査定に出しましょう!

専門業者にトラックの一括査定を依頼する!