デジタルタコグラフ

デジタルタコグラフ

デジタルタコグラフ(デジタコ)とは、トラックの走行時間や運行記録をデータとして記録し、メモリーカードなどに保存することができる機械のことです。
デジタルタコグラフ以前は、記録用紙に速度などのグラフを書き込む、アナログタイプが活用されていました。
現在主流であるデジタルタコグラフは、GPSによる位置情報記録や、ETCとの連動で制限速度の調整、速度超過したら音声や文字で警告を行えるタイプなどがあります。
加えて、ドライブレコーダー(ドラレコ)も含まれているタイプは、運転状況の撮影なども可能です。
このデジタルタコグラフを活用すれば、過去データを分析して、最適なルート検索や配車をすることができます。
このため、運送会社の安全管理や作業効率化、労務管理には欠かせないものとなっています。

  • フォームでの査定はこちら
  • かんたん査定スタート!
  • お電話での査定も受付中!
  • フリーダイヤル 0120-966-552 9:00~19:00(日曜除く)

査定額を比較して売却!

査定額比較 厳選5社の見積が分かる!一括査定へ!!

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行

査定見積もり代行します!

  • 車種

  • 形状

  • 年式

  • 走行距離
    稼働時間

無料相談はお気軽に! フリーダイヤル:0120-966-552 9:00~19:00(日曜除く)

トラック業界の用語集

今すぐ無料 簡単査定 PAGE TOP