リーフ・スプリング式サスペンション

リーフ・スプリング式サスペンション

リーフ・スプリング式サスペンションとは、リジッドアクスル・サスペンションの一般的な形式のことを言います。
主に、商用車の後輪用として多く使われています。
車軸の両側、前後方向にリーフスプリング(板バネ)を置き、ショックアブソーバーを取り付けた構造となっています。
スプリングが直接車軸を保持しているため発進・制動時にワインドアップやホッピングが起きやすく、横力がかかったときのアライメント変化でアクスルステアを生じやすいなど、振動乗り心地や操縦安定性が劣る面があることから、乗用車にはほとんど使われていません。

  • フォームでの査定はこちら
  • かんたん査定スタート!
  • お電話での査定も受付中!
  • フリーダイヤル 0120-966-552 9:00~19:00(日曜除く)

査定額を比較して売却!

査定額比較 厳選5社の見積が分かる!一括査定へ!!

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行

査定見積もり代行します!

  • 車種

  • 形状

  • 年式

  • 走行距離
    稼働時間

無料相談はお気軽に! フリーダイヤル:0120-966-552 9:00~19:00(日曜除く)

トラック業界の用語集

今すぐ無料 簡単査定 PAGE TOP