高所作業車

高所作業車

高所作業車は、名前の通り、電柱や信号などの高い場所での作業に活用される車両です。
高所作業車の定義は、作業床が2メートル以上の高さに持ち上がり、昇降装置や走行装置を持っていることなどが挙げられます。
構造のタイプは、クレーンのようなブームと、バケットと呼ばれるカゴを備えたブーム式と、プラットホームが垂直昇降する垂直昇降式の2つに分かれます。
走行方式は、トラックの車体に架装されたトラック搭載式、ホイールなどを備えた自走式があります。トラック搭載式の場合、運転と操作を行うには、車両に応じた運転免許と高所作業車運転者の資格が要ります。
作業床の上がる高さが2メートル以上10メートル未満の場合は特別教育、10メートル以上の場合は技能講習の受講が必要です。

  • フォームでの査定はこちら
  • かんたん査定スタート!
  • お電話での査定も受付中!
  • フリーダイヤル 0120-966-552 9:00~19:00(日曜除く)

査定額を比較して売却!

査定額比較 厳選5社の見積が分かる!一括査定へ!!

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行

査定見積もり代行します!

  • 車種

  • 形状

  • 年式

  • 走行距離
    稼働時間

無料相談はお気軽に! フリーダイヤル:0120-966-552 9:00~19:00(日曜除く)

トラック業界の用語集

今すぐ無料 簡単査定 PAGE TOP