最小回転半径

最小回転半径

最小回転半径は、ハンドルをいっぱいに切った際に、前輪外側が描く軌道半径のことを指します。
この数値は各社の諸元表にも記載されていて、小回りの良さ、Uターン、車庫入れのしやすさの目安となります。
前輪と後輪の長さであるホイールベースの値が小さいほど、小回りが効くことを表します。
最小回転半径の一例としては、中型トラックの場合7メートル程度になります。
最小回転半径は道路運送車両法により、12メートルを超える車両は運輸局長の許可がない限り道路を通行できません。

  • フォームでの査定はこちら
  • かんたん査定スタート!
  • お電話での査定も受付中!
  • フリーダイヤル 0120-966-552 9:00~19:00(日曜除く)

査定額を比較して売却!

査定額比較 厳選5社の見積が分かる!一括査定へ!!

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行

査定見積もり代行します!

  • 車種

  • 形状

  • 年式

  • 走行距離
    稼働時間

無料相談はお気軽に! フリーダイヤル:0120-966-552 9:00~19:00(日曜除く)

トラック業界の用語集

今すぐ無料 簡単査定 PAGE TOP