タイヤローラ

タイヤローラ

タイヤローラーとは、道路を舗装するロードローラーの一種で、最大30トン程度の車体も活用されている特殊自動車です。
このタイヤローラーは、アスファルトを締め固めする際に活用され、3本から9本のタイヤを備えています。
締め固めの方法は、自重を使う重力式締め固めと、振動式締め固めに分かれます。
タイヤローラーは他のロードローラーよりも騒音が少ないので、市街地などでの作業に活用されています。
操作時は締固め用機械運転者(ローラー特別教育)の資格が必要になります。

重機得意買取業者一括査定依頼!

  • メーカー

  • 形状

  • 年式

  • 稼働時間

ネットより早い、電話査定!! 無料通話:0120-961-287 9:00~19:00(日曜除く)

査定見積もり代行します!

重機得意買取業者一括査定依頼!

  • メーカー

  • 形状

  • 年式

  • 稼働時間

無料相談はお気軽に! 無料通話:0120-961-287 9:00~19:00(日曜除く)

タイヤローラに関連する形状の買取について

タイヤローラーの特徴

タイヤローラーはロードローラーの一種で、建設現場で転圧する際や道路に敷きならしたアスファルトなどの舗装に用いられています。

車体は10トンから15トン程度で、3つから4つのタイヤを活かし、アスファルトなどを踏み固め、自重や振動で路面を平らにできます。

タイヤローラーは他のロードローラーと比べて騒音が少ないため、道路工事で活躍しています。振動ローラや締固め機械などの名称も使われていて、KCM・酒井重工業・FURUKAWA・コマツなどのメーカーが製造しています。

重機一括査定王では、お客様からのタイヤローラーのお問い合わせをお待ちしております。古い車両であっても海外で高く売却できるため、高額買取が可能になっています。<

タイヤローラーの特徴

タイヤローラーはロードローラーの一種で、建設現場で転圧する際や道路に敷きならしたアスファルトなどの舗装に用いられています。

車体は10トンから15トン程度で、3つから4つのタイヤを活かし、アスファルトなどを踏み固め、自重や振動で路面を平らにできます。

タイヤローラーは他のロードローラーと比べて騒音が少ないため、道路工事で活躍しています。振動ローラや締固め機械などの名称も使われていて、KCM・酒井重工業・FURUKAWA・コマツなどのメーカーが製造しています。

重機一括査定王では、お客様からのタイヤローラーのお問い合わせをお待ちしております。古い車両であっても海外で高く売却できるため、高額買取が可能になっています。

タイヤローラに関連する用語

買取対象の重機一覧

重機買取エリア一覧

査定見積もり代行します!

重機得意買取業者一括査定依頼!

  • メーカー

  • 形状

  • 年式

  • 稼働時間

無料相談はお気軽に! 無料通話:0120-961-287 9:00~19:00(日曜除く)

タイヤローラの詳細

査定見積もり代行します!
今すぐ無料 簡単査定
PAGE TOP