バックホー

バックホー

バックホーとは、ショベルがオペレーター側に向けられた、油圧ショベルの名称です。
ドラグショベルとも呼ばれ、ユンボやパワーショベルも名前が異なるだけで同じ重機のことを指します。
バックホーという名称の語源は、英語のback(後ろ)+hoe(桑)を合わせた言葉です。
また、アタッチメントを交換すれば、掘削など様々な作業に対応する事が可能になります。
バックホーの製造を行うメーカーは、コマツ・日立建機・ヤンマーなどが挙げられます。
操作するには、車両系建設機械の技能講習や特別教育が必要になります。

重機得意買取業者一括査定依頼!

  • メーカー

  • 形状

  • 年式

  • 稼働時間

ネットより早い、電話査定!! 無料通話:0120-961-287 9:00~19:00(日曜除く)

査定見積もり代行します!

重機得意買取業者一括査定依頼!

  • メーカー

  • 形状

  • 年式

  • 稼働時間

無料相談はお気軽に! 無料通話:0120-961-287 9:00~19:00(日曜除く)

バックホーに関連する形状の買取について

ミニ油圧ショベル(ミニユンボ)は、ユンボ(油圧ショベル)の中でも小さいタイプを指しています。 ミニ油圧ショベル(ミニユンボ)はメーカーごとにサイズが異なりますが、主に車体重量6トン未満、バケット容量0.25立方メートル未満が多く、ミニショベルやミニバックホーなどの名称もあります。

製造メーカーはコマツや日立建機、ヤンマーなどが挙げられ、狭い建設現場から私有地の作業まで、幅広く活用されています。

重機一括査定王では、国内外で需要が高いミニ油圧ショベル(ミニユンボ)を高価買取致します!「長年使用せずに保管している」ミニ油圧ショベル(ミニユンボ)がございましたら、ぜひお問い合わせください。<

ミニ油圧ショベル(ミニユンボ)は、ユンボ(油圧ショベル)の中でも小さいタイプを指しています。 ミニ油圧ショベル(ミニユンボ)はメーカーごとにサイズが異なりますが、主に車体重量6トン未満、バケット容量0.25立方メートル未満が多く、ミニショベルやミニバックホーなどの名称もあります。

製造メーカーはコマツや日立建機、ヤンマーなどが挙げられ、狭い建設現場から私有地の作業まで、幅広く活用されています。

重機一括査定王では、国内外で需要が高いミニ油圧ショベル(ミニユンボ)を高価買取致します!「長年使用せずに保管している」ミニ油圧ショベル(ミニユンボ)がございましたら、ぜひお問い合わせください。

バックホーに関連する用語

買取対象の重機一覧

重機買取エリア一覧

査定見積もり代行します!

重機得意買取業者一括査定依頼!

  • メーカー

  • 形状

  • 年式

  • 稼働時間

無料相談はお気軽に! 無料通話:0120-961-287 9:00~19:00(日曜除く)

バックホーの詳細

査定見積もり代行します!
今すぐ無料 簡単査定
PAGE TOP