ユンボ(油圧ショベル)

ユンボ(油圧ショベル)

ユンボとは、油圧ショベルの通称のことです。
ユンボという名称は、元々はフランスのシカム社が製造していた製品名が由来となっています。
この名前がスポーツ新聞などで広まり、業界に定着しました。
油圧ショベルという名称は、1990年代から国内の建設機械業界が定めて以降使われています。
メーカーによってはパワーショベルやショベルカー、バックホーなど、呼び方が異なります。

重機得意買取業者一括査定依頼!

  • メーカー

  • 形状

  • 年式

  • 稼働時間

ネットより早い、電話査定!! 無料通話:0120-961-287 9:00~19:00(日曜除く)

査定見積もり代行します!

重機得意買取業者一括査定依頼!

  • メーカー

  • 形状

  • 年式

  • 稼働時間

無料相談はお気軽に! 無料通話:0120-961-287 9:00~19:00(日曜除く)

ユンボ(油圧ショベル)に関連する形状の買取について

油圧ショベル(ユンボ)の特徴

油圧ショベル(ユンボ)は、家庭の庭などで使えるミニタイプから、広大な工事現場で使われる超大型タイプまで、様々な大きさで製造されている建設機械です。キャタピラを装着しているユンボは不整地でも作業可能で、建設現場や工事現場などで活躍します。油圧ショベルはコマツやコベルコなどのメーカーが主に製造を行っていて、バックホーやパワーショベルという名称も活用されています。

また、様々な現場で活用されるため、中古車の需要も非常に高く、状態問わず車両の買取も数多く行われています。ユンボはバックホーや油圧ショベルの総称として使われる呼称ですが、 実はユンボは建機レンタル企業「レンタルのニッケン」の登録商標です。ユンボはサイズも幅広くあることから、個人宅から大規模な建設現場など様々な場所で用いられる重機です。主なメーカーは国内最大のシェアを誇り、世界でもトップシェアのコマツがまず挙げられます。次いで国内2位の日立建機、クボタなどがユンボの主要メーカーです。人気メーカーの重機はアフターサービスや、信頼性が高いこともあり査定額も高くなることがあります。

さらに、国内の需要のみならず海外での需要も見込まれるので古い機種や故障したものであっても思わぬ価格が付くことも考えられます。一括査定王の買取業者は、ヤンマーのVIO30-6を266万円、コベルコ建機のSK50URを82万円、コマツのPC20-7を68万円で買取した実績がございます。ご自身の油圧ショベルの査定額や買取相場が気になる場合は、お気軽にお申し込み下さい。<

油圧ショベル(ユンボ)の特徴

油圧ショベル(ユンボ)は、家庭の庭などで使えるミニタイプから、広大な工事現場で使われる超大型タイプまで、様々な大きさで製造されている建設機械です。キャタピラを装着しているユンボは不整地でも作業可能で、建設現場や工事現場などで活躍します。油圧ショベルはコマツやコベルコなどのメーカーが主に製造を行っていて、バックホーやパワーショベルという名称も活用されています。

また、様々な現場で活用されるため、中古車の需要も非常に高く、状態問わず車両の買取も数多く行われています。ユンボはバックホーや油圧ショベルの総称として使われる呼称ですが、 実はユンボは建機レンタル企業「レンタルのニッケン」の登録商標です。ユンボはサイズも幅広くあることから、個人宅から大規模な建設現場など様々な場所で用いられる重機です。主なメーカーは国内最大のシェアを誇り、世界でもトップシェアのコマツがまず挙げられます。次いで国内2位の日立建機、クボタなどがユンボの主要メーカーです。人気メーカーの重機はアフターサービスや、信頼性が高いこともあり査定額も高くなることがあります。

さらに、国内の需要のみならず海外での需要も見込まれるので古い機種や故障したものであっても思わぬ価格が付くことも考えられます。一括査定王の買取業者は、ヤンマーのVIO30-6を266万円、コベルコ建機のSK50URを82万円、コマツのPC20-7を68万円で買取した実績がございます。ご自身の油圧ショベルの査定額や買取相場が気になる場合は、お気軽にお申し込み下さい。

ユンボ(油圧ショベル)に関連する用語

買取対象の重機一覧

重機買取エリア一覧

査定見積もり代行します!

重機得意買取業者一括査定依頼!

  • メーカー

  • 形状

  • 年式

  • 稼働時間

無料相談はお気軽に! 無料通話:0120-961-287 9:00~19:00(日曜除く)

ユンボ(油圧ショベル)の詳細

査定見積もり代行します!
今すぐ無料 簡単査定
PAGE TOP