アスファルト・コンクリート切削機

アスファルト・コンクリート切削機

アスファルト・コンクリート切削機とは、油圧シャベルやタイヤユンボのアームの先端につけられるアタッチメントのことを指しています。アスファルトやコンクリート、さらには硬質度などを掘削・切削するための装置です。いくつもの刃がついており、その刃を回転させることで各種切削工事を行います。比較的扱いが容易であり、確認しながら作業できるというメリットがあります。工事現場ではクラッシャー(大割機)などと併用されることもあります。

重機得意買取業者一括査定依頼!

  • メーカー

  • 形状

  • 年式

  • 稼働時間

ネットより早い、電話査定!! 無料通話:0120-961-287 9:00~19:00(日曜除く)

査定見積もり代行します!

重機得意買取業者一括査定依頼!

  • メーカー

  • 形状

  • 年式

  • 稼働時間

無料相談はお気軽に! 無料通話:0120-961-287 9:00~19:00(日曜除く)

アスファルト・コンクリート切削機に関連する形状の買取について

油圧ショベル(ユンボ)の特徴

油圧ショベル(ユンボ)は、家庭の庭などで使えるミニタイプから、広大な工事現場で使われる超大型タイプまで、様々な大きさで製造されている建設機械です。 キャタピラを装着しているユンボは不整地でも作業可能で、建設現場や工事現場などで活躍します。

油圧ショベルはコマツやコベルコなどのメーカーが主に製造を行っていて、バックホーやパワーショベルという名称も活用されています。また、様々な現場で活用されるため、中古車の需要も非常に高く、状態問わず車両の買取も数多く行われています。

一括査定王の買取業者は、ヤンマーのVIO30-6を266万円、コベルコ建機のSK50URを82万円、コマツのPC20-7を68万円で買取した実績がございます。ご自身の油圧ショベルの査定額や買取相場が気になる場合は、お気軽にお申し込み下さい。<

油圧ショベル(ユンボ)の特徴

油圧ショベル(ユンボ)は、家庭の庭などで使えるミニタイプから、広大な工事現場で使われる超大型タイプまで、様々な大きさで製造されている建設機械です。 キャタピラを装着しているユンボは不整地でも作業可能で、建設現場や工事現場などで活躍します。

油圧ショベルはコマツやコベルコなどのメーカーが主に製造を行っていて、バックホーやパワーショベルという名称も活用されています。また、様々な現場で活用されるため、中古車の需要も非常に高く、状態問わず車両の買取も数多く行われています。

一括査定王の買取業者は、ヤンマーのVIO30-6を266万円、コベルコ建機のSK50URを82万円、コマツのPC20-7を68万円で買取した実績がございます。ご自身の油圧ショベルの査定額や買取相場が気になる場合は、お気軽にお申し込み下さい。

アスファルト・コンクリート切削機に関連する用語

買取対象の重機一覧

重機買取エリア一覧

査定見積もり代行します!

重機得意買取業者一括査定依頼!

  • メーカー

  • 形状

  • 年式

  • 稼働時間

無料相談はお気軽に! 無料通話:0120-961-287 9:00~19:00(日曜除く)

アスファルト・コンクリート切削機の詳細

査定見積もり代行します!
今すぐ無料 簡単査定
PAGE TOP