エアロスター

エアロスターの特徴

エアロスターは、三菱ふそうバス・トラックが製造している大型バスで、前身となった車両から歴史をたどると、1950年代から活躍しています。主に路線バスなどに採用されていますが、空港用のランプバスにも、架装した車体が活用されています。
また、タイやオーストラリアなど、海外向けに輸出されている車両もあり、現地の路線バスとして活躍しています。
エアロスターの車両前面は、大きなフロントガラスが2枚使われていて、運転席からの眺めの良いことが特徴となっています。
三菱ふそうの大型バスにはエアロスターの他にもラインナップがあり、スーパーハイデッカーのエアロクイーン、ハイデッカーのエアロエース、二階建てのエアロキングなど、観光バスに活用される車種が多くなっています。

エアロスターの環境性能について

エアロスターの現行車両は、夜間の視認性が高いディスチャージヘッドランプが標準装備されていたり、コーナリングランプが新たに加えられたりなど、安全性も高まっています。
環境性能では、ECOモードスイッチによって、エンジンの回転を抑えて省エネが可能になり、排ガス規制をクリアできる、排気処理装置であるBlueTec(ブルーテック)システムを採用し、エコカー減税にも対応しています。
運転席には、操作のしやすい6速ATシフトが採用され、車内は通路の幅が広くなっているので、乗客の移動がスムーズにできます。さらに、バリアフリーに対応したノンステップバスや、ワンステップバス、ツーステップバスなども製造されていて、スロープ板は反転式が採用されているので、スピーディーな設置や収納が可能です。

  • 厳選5社の見積が分かる!一括査定へ!!

査定見積もり代行します!

  • 車種

  • 形状

  • 年式

  • 走行距離
    稼働時間

無料相談はお気軽に! フリーダイヤル:0120-966-552 9:00~19:00(日曜除く)

今すぐ無料 簡単査定 PAGE TOP