ブルーリボン

ブルーリボンの特徴

ブルーリボンは日野自動車の大型バスで、1950年代から現代まで製造・販売されています。
主に路線バスに活用されていて、燃費性能の高さや、乗車性能が高いため、各地で採用されています。
このブルーリボンという名称は、かつては観光バスにも使われていましたが、現在は路線バスのみに使用されていて、現行車両は70人から80人ほどの定員です。
また、日野自動車といすゞ自動車の合併会社である、ジェイ・バスによって、ブルーリボンIIも販売されていて、いすゞが製造しているバスである、エルガの統合車種でもあります。バス会社によっては、メーカーがカタログ撮影用に塗装した車両を、そのまま使うか再塗装して活用することもあります。
この車両はブルーリボンカラー(青バス)と呼ばれています。

ブルーリボンの環境性能について

ブルーリボンは、ハイブリッド車両をいち早く取り入れたことで知られています。
このハイブリッド車は、モーターのみで動くことが可能です。
現行車両は排出ガス規制の適合や、低排出ガス車の認定が行われていて、燃費基準も達成しています。
また、排気ガスから発生する粒子状物質を取り除けるPM除去装置や、不要なアインドリングを無くせるアイドル・ストップ・システムなどで、燃費の節約や環境保全に役立てられます。
現行モデルでは車内の客席シートが一新され、車いす用スロープや車いす固定装置もあるため、乗客の利便性がアップしています。
運転時はドライバーが運転しやすいように、視界の広い窓が採用され、シートやシートベルト、ステアリングの位置を調整することも可能です。

  • 厳選5社の見積が分かる!一括査定へ!!

査定見積もり代行します!

  • 車種

  • 形状

  • 年式

  • 走行距離
    稼働時間

無料相談はお気軽に! フリーダイヤル:0120-966-552 9:00~19:00(日曜除く)

今すぐ無料 簡単査定 PAGE TOP