ボンゴ

ボンゴの特徴

ボンゴの特徴

ボンゴは、マツダが製造と販売を行う、小型のワンボックスカーやトラックの総称です。中でもワンボックスカーは、「ボンゴ型」という名称が定着するほど、かつては販売されていました。
トラックの場合はボンゴトラックと呼ばれています。ボンゴトラックは普通免許でも運転が可能で、冷凍バンやキャンピングカーなどに架装されています。
ボンゴは1960年代から販売されていて、現行モデルは4代目になります。1980年代には、ホイールベースの長さを変えたボンゴブローニイも販売されていました。また、トラックは日産・バネットに2016年までOEM供給が行われていました。
ボンゴという名称の由来は、アフリカに住むウシの一種であるボンゴから来ており、たくましい体に例えてられています。車両形状は標準ボディとロングボディに、駆動方式は2WDと4WDに分かれています。

ボンゴの環境性能について

ボンゴの環境性能

ボンゴの現行車両は、平成27年度の燃費基準を達成していて、エコカー減税対象車にも認定されています。
また、九都市指定低公害車の基準もクリアしているため、環境性能も十分高くなっています。
走行性能では変速機が改良されていて、燃費性能が上がり、坂道なども上りやすくなっています。
安全性能では、滑りやすい路面でも操作を保てる4輪アンチロック・ブレーキシステムや、エアバッグなどを搭載しています。さらに、運転席の周りは手に届きやすい位置に収納が用意されていて、内装の部品はリサイクルしやすい素材を採用しています。
荷台部分は、積み下ろしがしやすい高さに設計されていて、車体は小回りの利く大きさであるため、狭い街中でも走りやすいつくりになっています。

  • 厳選5社の見積が分かる!一括査定へ!!

査定見積もり代行します!

  • 車種

  • 形状

  • 年式

  • 走行距離
    稼働時間

無料相談はお気軽に! フリーダイヤル:0120-966-552 9:00~19:00(日曜除く)

今すぐ無料 簡単査定 PAGE TOP