キャンター

キャンターの特徴

キャンターの特徴

キャンターは、三菱ふそうトラック・バス株式会社が製造と販売を行う、キャブオーバー型の小型トラックです。このキャンターという名前は、「駆け足」や「馬の小走り」という意味があり、1970年から2002年までは三菱自動車工業が製造と販売を行っていました。
キャンターの初代モデルは1963年に製造され、2017年現在、現行車両は8代目となります。なお、現行車両は省燃費性能が国内トップクラス(国土交通省審査値)になっています。
車両のグレードは、標準グレードのスタンダードと、オプション設定のカスタムに分かれています。
安全面では、アクセルを踏んだままブレーキを踏むと、ブレーキを優先させるブレーキオーバーライドシステムや、ABSに加えて前後輪の制動力を配分するEBDという機能も追加されています。
キャンターは普通免許でも運転することができ、AT車と同様にクリープ走行も可能です。また、様々な架装が行われ、幅広い用途に使われています。また、2013年から日産のアトラスがOEM供給され、キャンターガッツとして販売されています。

キャンターの環境性能について

キャンターの環境性能

キャンターはBlueTECという尿素SCRシステムを搭載していて、排気ガスの有害物質を水と窒素に分解し、クリーンにできます。さらに、ポスト新長期排出ガス規制(平成22年規制)にも適合していて、厳しい排出ガス基準をクリアしています。
燃費は最高12km/Lで、減税措置を受けることができる基準に達しています。
また、2006年から現在まで、エコハイブリッド車も販売されています。
そんなキャンターに搭載されているトランスミッションは、ドライバーの負担を減らすことができるデュアルクラッチトランスミッション(DCT)である、デュオニック(DUONIC)を装備しています。
現行車のトランスミッションは、5速のMT車と6速のDCTに分かれています。

  • 厳選5社の見積が分かる!一括査定へ!!

査定見積もり代行します!

  • 車種

  • 形状

  • 年式

  • 走行距離
    稼働時間

無料相談はお気軽に! フリーダイヤル:0120-966-552 9:00~19:00(日曜除く)

今すぐ無料 簡単査定 PAGE TOP