ダットサン

ダットサンの特徴

ダットサンは、日産自動車で製造されていた小型トラックや、ブランドのことを指しています。
かつて存在していたダットサンブランドでは、セダンやライトバンが販売されていました。
その後トラックのみに車種が絞られ、トラックにダットサンという名称が継承されました。
国内では2012年に製造が終了しましたが、60年以上展開されていたことにより、商用車の中でも最も商標の歴史が長いことで知られています。
2012年からは、アジア・アフリカ・中東・南米などの海外を中心に、ダットサンブランドが新たに展開していて、コンパクトカーなどが製造・販売されています。このダットサンという名称の由来は様々ありますが、早く走ることの例えである「脱兎」という言葉からも取られています。

ダットサンの環境性能について

ダットサンの中でも、2000年代初頭に作られていたトラックは、吸気パーツを最適化することにより、排気ガスの黒煙濃度を低減させることに成功していて、排出ガス規制にも対応しています。
車体はリサイクルしやすいパーツを採用しているため、ほとんどのパーツが再利用可能です。
また、車体製造時などに、人体に有害な鉛を使わないような配慮がなされています。
安全技術では、危険を予知、回避することに重点が置かれていて、ABSやエアバッグ、衝撃に強いゾーンボディが採用されています。

  • 厳選5社の見積が分かる!一括査定へ!!

査定見積もり代行します!

  • 車種

  • 形状

  • 年式

  • 走行距離
    稼働時間

無料相談はお気軽に! フリーダイヤル:0120-966-552 9:00~19:00(日曜除く)

今すぐ無料 簡単査定 PAGE TOP