ドルフィン

ドルフィンの特徴

ドルフィンの車両は、1983年から排出ガス規制に適合されるなど、早くから環境適合性が高くなっていました。
車体前面には丸目型のライトや鬼グリル、蜂の巣グリルやシャッターグリルといった、特徴的なデザインのパーツを備えています。
中でもトラクタのグリルが人気のため、単車に移植されることもありました。加えて、日野のエンブレムなど、印象的なパーツが外装に含まれています。
また、現在の大型トラックでは標準的な装備である、ハイルーフキャビンを用いたり、スーパーチャージャーや反射板も備えたりなど、以降の大型トラックの基礎となる装備がありました。
さらに豪華なインテリアや、ドライバーが見やすいメーター類、衣服の収納もラクなボックスなど、キャビンの装備もドライバーが使いやすいように設計されていました。

ドルフィンの環境性能について

日野自動車で製造されていたドルフィンは、正式名称をスーパードルフィンといい、通称ドルフィンと呼ばれています。
このドルフィンは、1981年から販売が開始されていますが、当初は大型トラックと呼ばれ、1983年からドルフィンの名称が正式に使われるようになりました。
1992年からは、ドルフィンの後継モデルであるプロフィアが新たに製造されるようになりました。しかし、ドルフィンの名称はスーパードルフィン・プロフィアとして2003年まで残っていました。
ドルフィンの車両は、建築会社や運送会社などを中心にニーズがあり、主にダンプ車やはしご車、タンクローリーや除雪車、クレーン車やミキサー車などに活用されています。
また、ジブリ映画のワンシーンにも登場したことがあります。

  • 厳選5社の見積が分かる!一括査定へ!!

査定見積もり代行します!

  • 車種

  • 形状

  • 年式

  • 走行距離
    稼働時間

無料相談はお気軽に! フリーダイヤル:0120-966-552 9:00~19:00(日曜除く)

今すぐ無料 簡単査定 PAGE TOP