デュトロ

デュトロの特徴

デュトロの特徴

デュトロは最大積載量2トン3トンクラスで、普通免許でも運転ができる日野自動車の小型トラックです。現行車両は2代目で、1999年から製造されており、「スマートで使いやすく、仕事のできる車」をコンセプトにしています。
特に低燃費性能と安全性能に力を入れていて、様々な形状に架装されていたり、グレードも3種類に分かれていたりします。
また、現行のディーゼル車には電子パーキングブレーキが標準装備になっており、エンジンはディーゼル、ガソリン、LPG、ハイブリッドの中から選べ、ユーザーのニーズを満たすバリエーションが揃えられています。
そんなデュトロの名称は「Dramatic&UrbaneTransportOffer」の略で、ドラマチックで洗練された運搬・輸送を提供することを意味しています。

デュトロの環境性能について

デュトロの環境性能

デュトロは、小型トラック初のハイブリッド車が作られたことでも知られています。
このハイブリッド車に搭載された車両制御コンピューターにより走行データを蓄積し、省燃費かつ安全な運転に役立てることが可能になっています。
ハイブリッド車は、発進や加速の際に充電を行うハイブリッド専用バッテリーや、専用のエンジンやモーター、クラッチの搭載によって、低燃費走行ができるようになっています。
加えて、エコモードスイッチでエンジンの出力を抑えた運転が簡単にでき、アイドル・ストップ・システムによって排ガス、騒音の低減も簡単に行えます。さらに、DPRという排出ガス用のフィルターでガスをクリーンにでき、排出ガス規制にも対応しています。
このように環境性能を追求しているため、環境や経済への効果に加え、積載の最適化にもつながっています。

  • 厳選5社の見積が分かる!一括査定へ!!

査定見積もり代行します!

  • 車種

  • 形状

  • 年式

  • 走行距離
    稼働時間

無料相談はお気軽に! フリーダイヤル:0120-966-552 9:00~19:00(日曜除く)

今すぐ無料 簡単査定 PAGE TOP