エルフ

エルフの特徴

エルフの特徴

エルフは、いすゞ自動車が製造と販売を行う商用車で、小型または中型トラックとして位置付けられています。
名前の由来は英語の「小さな妖精」という言葉であり、小回りが効くことを例えています。
国内では主に、ダンプトラックやクレーン車、パッカー車やタンクローリー、アルミバンや冷凍車などに架装され、日本全国で活躍しています。
また、アジアなどの海外でも生産と販売が行われていて、マイクロバスに独自架装された車両も活躍しています。
現行車両は2006年から製造されている6代目で、キャブの種類は標準、ハイ、ワイドに分類できます。
運転時は車両総重量5トン未満であれば、新普通免許でも運転できますが、5トン以上になると中型免許が必要になります。
運転席の周りは、ドライバーが確認しやすいようなメーター配置、パーツ配置が行われています。

エルフの環境性能について

エルフの環境性能

エルフの現行車両は、ディーゼルハイブリッド、CNG(圧縮天然ガス)エンジンなどが採用されています。この中でも、ディーゼルのシステムはD-COREと呼ばれていて、低燃費に貢献しています。
さらに、排ガス規制に対応できたり、低排ガス車に認定されていたり、エコカー減税車にも選ばれています。
トランスミッションは、マニュアルのトランスミッションと、スムーサーExというセミオートトランスミッションに分かれています。
スムーサーExはコンピューター制御を行うことで操作しやすく、省燃費自動変速ができるECONOモードを備えています。
また、運転席のディスプレイは、省燃費運転や総合燃費の状態が走行中に確認できるようになっています。
安全面では、ABSやスリップを防止するためのASRなどの機能を備え、HSAという坂道発進補助装置もあるので、制動時や発進時に安定することができます。

  • 厳選5社の見積が分かる!一括査定へ!!

査定見積もり代行します!

  • 車種

  • 形状

  • 年式

  • 走行距離
    稼働時間

無料相談はお気軽に! フリーダイヤル:0120-966-552 9:00~19:00(日曜除く)

今すぐ無料 簡単査定 PAGE TOP