フォワード

フォワードの特徴

フォワードの特徴

フォワードは、いすゞ自動車が1970年代から製造、販売している中型トラックです。
フォワードの初代モデルは、特徴的な形状からムーミンやカバなどと呼ばれて親しまれていました。また、1985年にはトラックで初めてグッドデザイン賞を受賞していたり、海外ではフォワードのキャブとエンジンを利用した車両が販売されていたりします。
現行車両は5代目で、ウイング車やダンプ車、消防車やミキサー車、珍しいものでは水陸両用車などに架装されていることもあります。
さらに、グリルやデカールの変更、車内のカーテンやフロアカーペットなどもカスタムで追加することができます。
ちなみに、フォワードのシャーシにエルフのキャブを載せて、8トン未満の車両でも積載量が多かったフォワードジャストンも、2004年まで製造・販売されていました。

フォワードの環境性能について

フォワードの環境性能

フォワードは、排気量に合わせてトルクを高めることができるD-COREエンジンを搭載していて、発進時や運転中などのエンジン回転数を調整して、省燃費運転が可能になるクリーンテクノロジーも装備しています。
また、コンピューター制御によって、スムーズな変速が可能になるスムーサーFxも、省燃費運転の手助けとなります。
安全機能としては、ミリ波レーダーでの検知によるプリクラッシュブレーキや、衝突回避支援機能、さらに衝突被害軽減機能や車線逸脱警報なども備えられています。最新の現行車両は、地図情報を活用してギアを制御できる、オートクルーズが可能であり、「平成27年度燃費基準+10%」を達成しています。
さらに、エンジンの改良と排出ガス処理装置の性能アップにより、省燃費性能の高さも保っています。

  • 厳選5社の見積が分かる!一括査定へ!!

査定見積もり代行します!

  • 車種

  • 形状

  • 年式

  • 走行距離
    稼働時間

無料相談はお気軽に! フリーダイヤル:0120-966-552 9:00~19:00(日曜除く)

今すぐ無料 簡単査定 PAGE TOP