ジャーニー

ジャーニーの特徴

ジャーニーはいすゞ自動車が販売しているマイクロバスで、英語の「旅行」という言葉が名称の由来となっています。
ジャーニーの車両は1970年代から製造・販売されていて、現行モデルは4代目であり、日産・シビリアンのOEM車両です。
主に送迎や観光などの用途に使われていて、ボディカラーは計6種類に分類できます。
ジャーニーのグレードにはS・E・J・K・M・L・Qの7種があり、マイクロバスや中型バスとして製造され、グレードはそれぞれベーシック、デラックス、カスタムに分かれています。
また、幼児車(園児バス)や福祉車両、キャンピングカーなども作られ、かつてはロングボディの車両もありました。
運転席周りの配置は、ドライバーの負担にならないように設計されていて、定員は26名から29名程度になります。

ジャーニーの環境性能について

ジャーニーはATとMTのトランスミッションを搭載していて、サスペンションはエアとリーフに分類できます。
これらのサスペンションは、乗車人数に左右されることなく、長時間乗車でも快適に過ごすことができ、乗客の位置に左右されず、車両を水平に保つことが可能です。
エアサスペンションは、空気バネによって最適な高さを保つことができ、リーフサスペンションは、板バネを葉っぱのように重ねた構造で、走るときの衝撃を和らげてくれます。
また、かつてはディーゼルエンジンの車両が作られていましたが、現在はガソリンエンジン車両のみになり、乗用車と同じような静かな運転が可能です。
ドアは手動スイングドアと手動折戸の2種に分かれていて、車両によっては、UVカットのプライバシーガラスを備えている場合があります。
さらに、電動リモコン付きミラーや、バックビューモニター、ABSなどの安全機能も搭載していて、多くの車両が排ガス規制に適合しています。

  • 厳選5社の見積が分かる!一括査定へ!!

査定見積もり代行します!

  • 車種

  • 形状

  • 年式

  • 走行距離
    稼働時間

無料相談はお気軽に! フリーダイヤル:0120-966-552 9:00~19:00(日曜除く)

今すぐ無料 簡単査定 PAGE TOP