パークウェイ

パークウェイの特徴

パークウェイは、ライトバスの後継車両としてマツダから発売されていたマイクロバスで、西日本車体工業によって製造されていました。
1972年から1982年までは初代が、1982年から1997年まで2代目が製造され、海外向け車両も作られていました。
また、インドではこの車両をベースにしたバスが、現在でも製造されています。
パークウェイは、主に学校や会社などへの送迎バスとして多く使われていましたが、消防車や救急車にも架装されていました。
車体は曲線の多いエクステリアデザインが独創的で、他の車両よりも大きめです。中でも、ロータリーエンジンを用いたパークウェイロータリー26は、総生産台数が44台と極めて少ないため、国内に現存する車両はほとんどなくなっています。

パークウェイの環境性能について

パークウェイは、ガソリンエンジンとディーゼルエンジン、さらにマツダが国内でリードする技術である、ロータリーエンジンが採用されました。
このため、マイクロバスとして初めてロータリーエンジンを採用した車両としても知られています。
このエンジンにより、当時の車両の中でも高い静粛性と、環境性能を誇っていました。
さらにカーステレオやシートなどの車内の装備は、高級感あふれる造りになっていました。
また、中古市場では、パークウェイロータリー26の販売台数が極めて少ないことから、貴重な車両として扱われています。

  • 厳選5社の見積が分かる!一括査定へ!!

査定見積もり代行します!

  • 車種

  • 形状

  • 年式

  • 走行距離
    稼働時間

無料相談はお気軽に! フリーダイヤル:0120-966-552 9:00~19:00(日曜除く)

パークウェイ

今すぐ無料 簡単査定 PAGE TOP