レインボー

レインボーの特徴

レインボーは、1960年代から現在まで日野自動車が製造しているバスで、過去にはいすゞ・エルガミオのOEM供給を受けていました。
以前は小型バスから大型バスまで作られていましたが、現在は中型バスがメインであり、路線バスや観光バスに活用されています。
角張った車体が特徴で、ワンステップバスからノンステップバスへの切り替わりがいち早く行われた車種です。
現行車両はレインボーを名乗っていますが、これは2016年にレインボーIIがフルモデルチェンジする際に、レインボーとレインボーIIの名称が統合されたことによります。
この車両は、セミオートマチックトランスミッション(AMT)が採用されています。合わせて、乗客の利便性や快適性を向上させる装備を備えているのも特徴です。

レインボーの環境性能について

レインボーの各車両は、製造年に応じた排出ガス規制に対応していることが多くなっています。運転の際に活用するエンジンは、ハイブリッド、CNG(圧縮天然ガス)などに分類できます。
また、車体にスケルトンフレーム構造(マルチチューブラーフレーム)を採用したことにより、車内装備の自由度が高くなっています。これにより、車内空間を広く取れ、ドアやエンジンの位置設定が比較的自由になりました。
現行車両のレインボーは、自動変速ギアなどによって、高い動力を保ちながらも低燃費が可能になっています。また、これにより平成27年度燃費基準を達成しています。現行車両のディーゼル車は、低燃費走行をコンピューターで自動制御するECONOモードが備えられています。
また、車内のノンステップスペースが広く、客室の天井も高くなっているため、快適性が増しています。

  • 厳選5社の見積が分かる!一括査定へ!!

査定見積もり代行します!

  • 車種

  • 形状

  • 年式

  • 走行距離
    稼働時間

無料相談はお気軽に! フリーダイヤル:0120-966-552 9:00~19:00(日曜除く)

レインボー

今すぐ無料 簡単査定 PAGE TOP