レンジャー

レンジャーの特徴

レンジャーの特徴

レンジャーは、1960年代から日野自動車で製造・販売されていて、2002年にはグッドデザイン賞も受賞している中型トラックです。
車両の総重量は8トンから20トンまであり、特殊車両に架装されることも多く、消防車やラリー用の車体としても活用されています。このレンジャーという名称の由来は、英語で警備隊などを意味する言葉ですが、利益を提供するプロ、という願いが込められており、公募によって名づけられました。
2017年にはフルモデルチェンジが行われ、フロントのデザイン一新やインテリアのグレードアップ、システムの改良が行われ、快適性や安全性の向上が図られました。中でも、空気抵抗の低減が施され、夜間の視認性が高いLEDランプなどを設けたなどの車両前面のデザインの変更が印象的です。

レンジャーの環境性能について

レンジャーの環境性能

レンジャーは、排出ガスを浄化できるDPRや、省燃費走行を支援するため、ギアの自動選択ができるProShiftを採用しています。また、省エネ運転で走行すると、エコランプが点灯したり、通信機能によって車両の省燃費運転、車両状況の管理が行えたりするICTサービス機能も利用可能です。
2017年にフルモデルチェンジされる車両は、エンジンと排出ガス処理の改良が行われ、燃費を向上させつつクリーン化も可能になっているので、新たな排出ガス規制もクリアしています。
運転席は、乗り心地が良くなったシートや、大型メーターが採用されるなど、ドライバーの負担を減らすことが重視されています。
安全機能も様々あり、前方の車両との車間距離を測りながらスピードを調整できるスキャルニングクルーズ機能や、車線からのはみ出しや急ハンドルがあった際に、警告を行ったりエンジンの出力を制限できたりする、横滑り防止装置も装備しています。

  • 厳選5社の見積が分かる!一括査定へ!!

査定見積もり代行します!

  • 車種

  • 形状

  • 年式

  • 走行距離
    稼働時間

無料相談はお気軽に! フリーダイヤル:0120-966-552 9:00~19:00(日曜除く)

今すぐ無料 簡単査定 PAGE TOP