セレガ

セレガの特徴

セレガは日野自動車の大型バスで、現在は観光バスや高速バス中心に用いられていますが、海外では都市圏で活躍するシティバスに架装されています。
セレガの元となった車体は、1960年代から活用されていた観光バスや、ブルーリボンの観光用車両でしたが、ブルーリボンのマイナーチェンジを機に名称がセレガに変更されました。
この名称の由来は、英語の「セクシー&エレガント」から引用されていて、バスでは珍しくテレビCMが放映されていました。
現行車両はディーゼルエンジンやハイブリッドエンジンを採用していて、ディーゼルエンジンはクリーンディーゼル技術で、粒子状物質の排出を抑えながら低燃費走行ができます。
ハイブリッドエンジンの場合は、動力として電気と軽油をそれぞれ使い分けることが可能です。
また、いすゞ・ガーラはセレガのOEM車にあたり、両車種ともジェイ・バスによって製造されています。
ガーラとセレガの見た目上の違いには、フロントガラス下にあるガーニッシュや、ロゴの位置に見ることができます。

セレガの環境性能について

セレガの車両は、AIRLOOPというクリーンディーゼルシステムなどを活用しているため、低排出ガス車や、燃費基準達成車に認定されています。
運転時はスピードメーターの並びに、エコツリーという液晶画面があるため、エコ運転度合いを一目で判断できます。
また、エコツリーも含むマルチインフォメーション・システムという液晶は、整備情報や故障時情報などを、運転中に確認できます。
安全面の機能では、PCS(プリクラッシュセーフティ)という追突回避システムの搭載や、車両安定制御システム、電子制御ブレーキシステムなどが挙げられます。加えて、車線逸脱警報やドライバーモニターなど、運転時のドライバーをサポートする機能も用意されています。
内装は客席シートなどのバリエーションも多く、用途に応じて組み合わせることができます。

  • 厳選5社の見積が分かる!一括査定へ!!

査定見積もり代行します!

  • 車種

  • 形状

  • 年式

  • 走行距離
    稼働時間

無料相談はお気軽に! フリーダイヤル:0120-966-552 9:00~19:00(日曜除く)

今すぐ無料 簡単査定 PAGE TOP