タイタン

タイタンの特徴

タイタンの特徴

タイタンは、マツダが販売・製造する小型または中型トラックです。
1970年代から発売され、現行モデルは6代目であり、現行車両はいすゞ・エルフのOEM供給を受けています。
タイタンのエンジンは、ディーゼル、CNG(圧縮天然ガス)に分かれていて、1970年代にはディーゼルハイブリッドも製造されていました。タイタンは主にダンプ車、クレーン車などに架装され、シングルキャブは標準サイズからワイドサイズ、ダブルキャブは標準サイズとミドルサイズがあります。
また、1トンクラスのタイタンダッシュも、2000年から2010年までの間に発売されていました。タイタンダッシュは、マツダの商用バンであるボンゴを元に作られていて、普通免許でも運転できることから重宝されていました。

タイタンの環境性能について

タイタンの環境性能

タイタンに装備されている次世代ディーゼルエンジンは、排気ガス規制のクリアや省燃費を可能にしています。
また、クラッチペダルの操作だけでアイドリングストップとスタートをコントロールできる「ecostop」機能も装備しています。これらの機能によって、エコカー減税に対応が可能になっています。
安全性能では、発進時の制動制御を行えるABSやASRによって、滑りやすい路面もスムーズに発進できます。
加えて、AT限定免許でも運転しやすいトランスミッションである、スムーサーも装備されていて、こちらも省エネに役立っています。ちなみに、タイタンダッシュも排出ガス規制の対応や、微粒子を捕集するDPFが装備され、環境に対する配慮ができています。

  • 厳選5社の見積が分かる!一括査定へ!!

査定見積もり代行します!

  • 車種

  • 形状

  • 年式

  • 走行距離
    稼働時間

無料相談はお気軽に! フリーダイヤル:0120-966-552 9:00~19:00(日曜除く)

今すぐ無料 簡単査定 PAGE TOP