コンドルを高額買取

コンドルを高く買取る業者を見つけるには?

トラック一括査定王なら、コンドルを一番高く買取る業者へ無料で一括査定が出来ます!売却をご検討中の車両がございましたら、お気軽にお問い合わせください。買取業者を探す手間なし!査定額はスピード回答!業者への「お断り」も代行します!

  • 厳選5社
    一括査定
  • 総合満足度
    96.3%※1
  • 最高差額
    52万円!※2

※12017年弊社満足度調べ ※2平成16年・47万km・レンジャー冷蔵冷凍の買取実績例

  • 車種

  • 形状

  • 年式

  • 走行距離
    稼働時間

ネットより早い、電話査定!! フリーダイヤル:0120-966-552 9:00~19:00(日曜除く)

コンドルを高く買取る業者を見つけるには?

トラック一括査定王なら、コンドルを一番高く買取る業者へ無料で一括査定が出来ます!売却をご検討中の車両がございましたら、お気軽にお問い合わせください。買取業者を探す手間なし!査定額はスピード回答!業者への「お断り」も代行します!

  • 厳選5社に一括査定
  • 総合満足度96.3%※1
  • 最高差額52万円!※2

※12017年弊社満足度調べ ※2平成16年・47万km・レンジャー冷蔵冷凍の買取実績例

査定見積もり代行します!

コンドル得意業者一括査定依頼!

  • 車種

  • 形状

  • 年式

  • 走行距離
    稼働時間

無料相談はお気軽に! フリーダイヤル:0120-966-552 9:00~19:00(日曜除く)

コンドルの買取実績

コンドルの特徴

コンドルの特徴

コンドルはUDトラックスの中型トラックで、1970年代から製造されています。
UDトラックスが製造する以前は、前身会社の日産ディーゼルで作られていて、1トン・2トンサイズの小型トラックや、ワイドキャブタイプも販売されていました。
名称の由来は鳥類のコンドルからで、過去の車両には「さわやかコンドル」「ファインコンドル」「コンドル太郎」「コンドル次郎」などのユニークな通称が付けられていました。
また、一部パーツをUDトラックスの大型トラックであるクオンと共用していて、ハンドルの位置や見た目などに変更を加えた車両を、海外でも販売しています。
コンドルは、クレーン車やアルミバン、冷凍車やダンプなどで活用されています。

コンドルの環境性能について

コンドルの環境性能

コンドルは、天然ガスを燃料としたCNG車両や、ハイブリッド車両などが作られていました。
中でもハイブリッド式の車両は、世界に先駆けて減速時のエネルギーを活用する、キャパシタ式を2002年に取り入れています。
また、2010年にはFLENDS(フレンズ)と呼ばれる、排出ガス浄化システムを導入しています。
そんなコンドルは、1975年に発表された初代から2010年に発表された4代目までは、UDトラックスが自社生産していました。
2017年から販売されている5代目からは、いすゞフォワードのOEM車両として位置付けられています。
5代目車両には、排出ガスの排出量を抑えるエコストップなど、環境と燃費を考慮したシステムが搭載されています。

コンドルを最高額で買い取る買取業者に一括査定依頼する

UDトラックスのトラック・バス一覧

トラック買取エリア一覧

コンドル詳細

査定見積もり代行します!
今すぐ無料 簡単査定 PAGE TOP