三転ダンプの詳細

三転ダンプの特徴

三転ダンプの特徴

三転ダンプのように荷台を三つの方向に傾けられる機能は、複雑な動きによって成り立っています。
この動き実現させるために、内部にボールジョイントという機能が加えられ、油圧で可動できているのです。
また、砂利や造園等での使用の他に、除雪した雪を運搬するのにも活躍しています。
ちなみに、一般的なダンプトラックは最大積載量11トンとなっていますが、小型は2トンから4トン、中型は5トンから8トン、大型は10トン程度となります。
また、三菱ふそうのキャンターや、いすゞのフォワード、スズキのキャリィなどのトラックが、三転ダンプに架装されることが多くなっています。
三転ダンプは一見普通のダンプのようにも見えるため、作業中に荷台が三方向に傾いているのを確認するまでは分からないでしょう。
あまり知名度が高くない車両ですが、様々な場所で活躍しています。

三転ダンプについて

三転ダンプについて

三転ダンプは、荷台を後方だけではなく横にも排出できるので、リアとサイドのダンプ機能を持ち合わせています。
この機能を活用すれば、狭い現場はもちろん、一方通行の道や側溝を埋める作業などにも活用できます。
三転ダンプはこのような機能を活かせる小型や中型車両に架装されることが多く、大型車両の需要は低くなっています。
また、サイドに荷物を降ろす場合は、アオリの横側を中心に荷台が倒れるため、もう片側が車幅からはみ出てしまいます。
もしも荷物を降ろす際、車体を壁に寄せすぎていると擦ってしまうことがあるので、注意しましょう。
作業の際ははみ出す幅を予想した上で、荷台の操作を行う必要があります。
三転ダンプの車両の中でも、アオリが低いタイプは砂利などを運ぶのに使われ、アオリが高いタイプは造園などに使われています。

  • 厳選5社の見積が分かる!一括査定へ!!

査定見積もり代行します!

  • 車種

  • 形状

  • 年式

  • 走行距離
    稼働時間

無料相談はお気軽に! フリーダイヤル:0120-966-552 9:00~19:00(日曜除く)

今すぐ無料 簡単査定 PAGE TOP