アームロールを高額買取!

アームロールの買取実績一覧

  • 日野自動車アームロールレンジャー

    日野自動車アームロールレンジャー

    買取金額 : ¥3,000,000
    走行距離:11.2万km

  • 三菱ふそうアームロールファイター

    三菱ふそうアームロールファイター

    買取金額 : ¥5,200,000
    走行距離:8.2万km

  • フォームでの査定はこちら
  • かんたん査定スタート!
  • お電話での査定も受付中!
  • フリーダイヤル 0120-966-552 9:00~19:00(日曜除く)

査定額を比較して売却!

査定額比較 厳選5社の見積が分かる!一括査定へ!!

アームロールの買取査定ポイントについて

新しく買い換えるので
高く買い取って
もらいたい

使用していないので
売却したい

廃業になったので
少しでも高く売却したい

査定ポイントを押さえてお悩み解決!

  • エンジン、ミッション、機関等の不具合はないか?
  • 見た目のかっこよさ、雰囲気は良いか?
  • ツインシリンダーかどうか
  • リアジャッキの有無

アームロールについて

アームロールってどんな車両?

アームロールの特徴

アームロールは、荷台に積んだコンテナを自力で脱着できるトラックです。
コンテナを排出する際は、ダンプアップで一気に積載物を降ろせます。
このコンテナの操作は、車両によってはリモコンでできる場合もあります。
アームロールとは、正式名称の脱着ボデー車を新明和工業が商品名として名付けて、定着した名称です。この脱着ボデー車の名称は、メーカーによって以下のように分かれています。

  • ロールオン(新明和工業) マルチリフト(ヒアブ)
  • グランデッカー(極東開発) ロールリフト(イワフジ工業)

アームロールの特徴

アームロールの特徴

アームロールは、車両1台でコンテナの積み下ろしや交換が簡単にできます。
コンテナを操作する際は、アーム先端に付けられたフックをコンテナのフックに引っ掛けて、引き上げた上でロックします。このため、空のコンテナを用意しておけば、効率的な作業が可能になります。
アームロールをよく使う業者は、産業廃棄物を運搬する産廃業者、解体業者が中心です。
また、JRやISO企画のコンテナ専用車もあります。

アームロールのデータ

項目 内容
サイズ 小型、中型、大型、増トン
必要な免許 中型免許、大型免許
代表的なメーカー 新明和工業、極東開発工業
代表的な車種 いすゞ・フォワード、三菱ふそう・キャンター、日野・デュトロ

アームロールを最高額で買い取る買取業者に一括査定依頼する

他の形状を見る

アームロールの詳細

査定見積もり代行します!
今すぐ無料 簡単査定 PAGE TOP