アームロールの詳細

アームロールの特徴

アームロールの特徴

アームロールは、車体と対応するコンテナを活用すれば、空のコンテナと内容物の入ったコンテナを入れ替えられます。
このコンテナの交換を上手く活用できると、輸送作業が効率化します。
コンテナのメーカーは様々ありますが、互換性適合車のシールが貼ってあれば、アームロールで運搬することが可能です。
また、コンテナは天蓋が付いており、ウイング型に開閉するなど、使いやすさが重視されています。
大きさは、小型から大型まで幅広く用意されているので、積荷や輸送量などによって使い分けることが出来ます。
アームロールの車両によっては、リモコン操作で脱着ができる場合もあり、積荷のダンプ排出も可能になっています。
運転や操作に必要な免許は、車両に応じた中型免許や大型免許があれば大丈夫です。
架装を行うメーカーは、極東開発や新明和工業、イワフジ工業などがあります。
架装されるトラックは、日野・レンジャー、いすゞ・エルフ、三菱ふそう・キャンターなどが挙げられます。

アームロールについて

アームロールについて

アームロールは、車両のシャーシ部分に、荷台のコンテナを排出、脱着できる機能を備えています。
主にアームロールという名前が使われていますが、フックロールやマルチリフトという名称や、脱着ボディー車、ロールオンとも呼ばれています。
ちなみに、アームロールと近い形で活用される車両として、船から降ろされたコンテナを運ぶ海上コンテナや、鉄道コンテナを運搬する
コンテナ専用車などもあります。
アームロールは、軽トラックから大型トラックまで採用されていて、主に産業廃棄物、鋼材や木材、液体や食品の輸送に活用されています。
実際に作業でコンテナを動かす際は、車両後部にあるローラーを使って、地面に降ろします。
操作する際は、コンテナを脱着させるためのスペースが必要なので、屋内などで活用するのが難しいこともあります。

  • 厳選5社の見積が分かる!一括査定へ!!

査定見積もり代行します!

  • 車種

  • 形状

  • 年式

  • 走行距離
    稼働時間

無料相談はお気軽に! フリーダイヤル:0120-966-552 9:00~19:00(日曜除く)

今すぐ無料 簡単査定 PAGE TOP