アスファルトフィニッシャーを高額買取!

アスファルトフィニッシャーの買取査定ポイントについて

新しく買い換えるので
高く買い取って
もらいたい

使用していないので
売却したい

廃業になったので
少しでも高く売却したい

査定ポイントを押さえてお悩み解決!

  • 上物の動作に不具合はないか?
  • クローラー式/ホイール式
  • 最大舗装幅は?

査定見積もり代行します!

アスファルトフィニッシャー得意業者一括査定依頼!

  • 車種

  • 形状

  • 年式

  • 走行距離
    稼働時間

無料相談はお気軽に! フリーダイヤル:0120-966-552 9:00~19:00(日曜除く)

アスファルトフィニッシャーについて

アスファルトフィニッシャーってどんな車両?

アスファルトフィニッシャーの特徴

アスファルトフィニッシャーは、アスファルトを舗装するための建設機械です。
小型のものを除き、運転は基本的に2名で行います。
排出ガス規制のクリア、低騒音など、環境性能も高くなっています。
さらに、パーツの交換が簡単であり、無償点検が可能な場合もあり、メンテナンス性能の良さを持ち合わせています。

アスファルトフィニッシャーの特徴

アスファルトフィニッシャーの走行タイプはクローラータイプとホイールタイプの2種類あります。
●クローラー式…キャタピラーで走行。公道は×。設置面積が広いので安定性が高い。急勾配の現場や、軟弱地盤の現場で使われている。
●ホイール式…タイヤで走行。大型特殊自動車のナンバーを取得したら公道も○。
構造については、ホッパー、スクリード、トラクター、エンジンに分類できます。
●ホッパー…アスファルト合材を積む、カゴのような装置。
●スクリード…アスファルト合材を排出し、アスファルトを敷きならす。道幅に応じて調整ができる。型式によって幅は異なる。
●トラクター…車体のけん引を行う。
●エンジン…車両を動かす。
スクリードの長さは6メートル以下が多く、中型以上の車両は運転手とスクリードマンのコンビで作業を行います。
また、温度を保つためにガスバーナーなどで温め、フィニッシャーが入れない狭い道などは、人力で敷き詰め作業をします。

代表的なメーカー

住友建機株式会社、範多機械株式会社

主に活躍している業種・現場

道路や駐車場などの工事現場

他の形状を見る

アスファルトフィニッシャーの詳細

査定見積もり代行します!
今すぐ無料 簡単査定 PAGE TOP