大型バスの詳細

大型バスの特徴

大型バスの特徴

大型バスの用途は、決まった経路を走行する路線バスや、バスを貸し切りにして観光地を周る貸切バス(観光バス)が多くなっています。
路線バスはノンステップバス、リフト付き車両など、バリアフリー目的で製造された車両が多く活用されています。
貸切りバスの場合は、トランクルームに荷物を詰め込むことができたり、TVや冷蔵庫、湯沸し器などの設備もあり、大人数で旅行するのに適しています。
このため、貸切りバスを活用する場合は、利用人数が多いほど1人あたりのコストが安くなり、割安に借りられます。
また、大型バスの製造は、車体構造が複雑なため1年程度を要し、運転には大型免許や大型2種免許が必要です。
もしも運転手が9時間以上運転する場合は、厚生労働省の定めによりもう1人運転手が必要になるので、スケジュール管理も大切になります。
大型バスの代表的な車両は、いすゞ・エルガ、日野・ブルーリボンⅡ、三菱ふそう・エアロスターなどがあります。
架装メーカーはジェイ・バス、三菱ふそうバス製造、いすゞバス製造などが挙げられます。

大型バスについて

大型バスとは、乗車定員30名以上のバスのことを指しています。
車体サイズは、全長10メートルから11メートル、車幅2.5メートル、40名から50名程度が乗車可能です。
エンジンは車両後部に備えられていることが多く、座席や荷物スペースを確保できて、騒音が気にならないなどの利点があります。
加えて、車に熱が入りにくいから冷房の効きが良くなる、後ろから衝突された場合に、エンジンが乗客を守るといったメリットもあります。
大型バスの中でも、貸し切りができる車両には種類があり、ハイデッカーとスーパーハイデッカー、ダブルハイデッカーなどに分かれます。
ハイデッカーは、車両によっては客席床面にあるホイールハウスが張り出してなく、床がフラットになっています。
スーパーハイデッカーは席が中2階程度に高くなっていて、ダブルハイデッカーは2階建てのタイプです。
さらに、後部座席が回転するサロン席などもあります。

  • 厳選5社の見積が分かる!一括査定へ!!

査定見積もり代行します!

  • 車種

  • 形状

  • 年式

  • 走行距離
    稼働時間

無料相談はお気軽に! フリーダイヤル:0120-966-552 9:00~19:00(日曜除く)

今すぐ無料 簡単査定 PAGE TOP