ボトルカーを高額買取!

ボトルカーの買取査定ポイントについて

新しく買い換えるので
高く買い取って
もらいたい

使用していないので
売却したい

仕切りが多いものに
買い換えたい

査定ポイントを押さえてお悩み解決!

  • エンジン、ミッション、機関等の不具合はないか?
  • サビ・腐食はないか?(特にフレーム!)
  • 上物の動作に不具合はないか?

ボトルカーについて

ボトルカーってどんな車両?

ボトルカーの特徴

ボトルカーは、工場で製造されたジュースなどの清涼飲料水を、荷台に乗せて運搬するバン型トラックです。
ボトルキャリアー、ベンティングカー、ボトル車と呼ばれることも。
海外では、日本ほど清涼飲料水の自動販売機がないので、店舗を巡回しているという意味で「ルートトラック」と呼ばれています。
自動販売機の設置箇所は大通りだけでなく狭い路地にあることも多いので、ほとんどは小回りの効く小型、または中型トラックが使われます。

ボトルカーの特徴

ボトルカーの特徴

荷台パネル部分は、防錆性や作業のしやすさからアルミ素材でできています。
軽量化や燃費向上が可能になっており、衛生面でも安心できます。
車両によっては丸ごとリサイクルすることも可能です。
ボトルカーの内部は、4つから6つ程度の分割パターンをオーダーすることができます。
ドリンクを出しやすくするために、扉が左右にスライドできたり、シャッターとして上下に可動するタイプや、後方が観音開きになるなど工夫が施されています。
さらに、荷台の上には空き缶を収納するスペースもあります。自動販売機の空缶を片付ける作業もボトルカーの仕事です。
荷台の側面には、商品や会社の広告があり、走る広告塔としての役目も果たしています。
商品の転倒を防ぐための仕切りや金庫などもあり、作業効率向上に役立てられます。
寒冷地仕様になると、荷台の飲料を凍らせないようにするために保温機能などの加工が行われていることもあります。
このボトルカーで作業を行う人は、ルートマンと呼ばれています。
ルートマンは、全国で250万台程度ある、清涼飲料水用の自動販売機への補充や、小売店への卸しを行います。
作業内容としては、自動販売機の売上金を回収、新規商品の入れ替え、商品補充や空き缶回収などがあります。

ボトルカーのデータ

項目 内容
サイズ 小型・中型
必要な免許 新普通免許、中型免許
代表的なメーカー 東洋ボデー、北村製作所
代表的な車種 三菱ふそう・キャンター、マツダ・タイタン、トヨタ・ダイナ

ボトルカーを最高額で買い取る買取業者に一括査定依頼する

他の形状を見る

ボトルカーの詳細

査定見積もり代行します!
今すぐ無料 簡単査定 PAGE TOP