ボトルカーの詳細

ボトルカーの特徴

ボトルカーの荷台パネル部分は、防錆性や作業のしやすさが追求されています。
このパネルは、アルミ素材が用いられることが多いので、軽量化や燃費向上が可能になっていたり、衛生面でも信頼できます。
車両によっては丸ごとリサイクすることも可能で、10年程度活用されています。
また、内部はドリンクを出しやすくするために、扉が左右にスライドできたり、シャッターとして上下に可動したりするタイプや、後方が観音開きになるなどの工夫が施されています。
加えて、商品の転倒を防ぐための仕切りや金庫などがあり、作業効率向上に役立てられる仕組みがあります。
ボトルカーの寒冷地仕様車は、荷台の飲料を凍らせないようにするための、保温機能などを持っています。
ボトルカーを運転するためには、新普通免許や中型免許などが必要です。
架装されるトラックは、自動販売機のある細い道などを通るため小型や中型が多く、三菱ふそう・キャンターや、マツダ・タイタン、トヨタ・ダイナなどが挙げられます。
架装を行うメーカーは、須賀車体や東洋ボディ、ベンテックなどがあります。

ボトルカーについて

ボトルカーは、工場で製造されたジュースなどの飲料を、荷台に乗せて運搬するバン型トラックです。
別名ボトルキャリアやベンティングカー、ルートカーとも呼ばれ、海外ではルートトラックという名称が一般的です。
国内では1960年代から活用されていますが、海外では清涼飲料水のブームが起きたアメリカで、1920年代から使われています。
ボトルカーの内部は、パターンをオーダーすることができ、4つから6つ程度の分割が可能です。
さらに、荷台の上には空き缶を収納するスペースもあります。
荷台の側面には、商品や会社の広告があり、走る広告塔としての役目も果たしています。
このボトルカーで作業を行う人は、ルートマンと呼ばれています。
ルートマンは、全国で250万台程度ある、清涼飲料水用の自動販売機への補充や、小売店への卸しを行います。
作業内容の一例としては、自動販売機の売上金を回収、新規商品の入れ替え、商品補充や空き缶回収などがあります。

  • 厳選5社の見積が分かる!一括査定へ!!

査定見積もり代行します!

  • 車種

  • 形状

  • 年式

  • 走行距離
    稼働時間

無料相談はお気軽に! フリーダイヤル:0120-966-552 9:00~19:00(日曜除く)

今すぐ無料 簡単査定 PAGE TOP