ブルドーザーの詳細

ブルドーザーの特徴

ブルドーザーの特徴

ブルドーザーの種類は様々あり、使用される場所も多種多様となっています。
このブルドーザーの種類は、幅が広く接地圧が低いキャタピラーを装備して、軟弱地でも走行できる湿地ブルドーザーや、バケットを備えたドーザーショベル、進行・後退しながら整地ができるバケットをもつトリミングドーザーなどがあります。
さらに、水路での作業が可能な水陸両用ブルドーザーや、遠隔操作で海底での作業が可能な水中ブルドーザーなどもあります。
ブルドーザーの操作には、車両系建設機械運転者(整地・運搬・積込み用及び掘削用)の講習(3トン以上)や、特別教育(3トン以下)が必要になります。
これらの免許は共に満18歳以上から取得が可能で、車両系建設機械運転者講習に4万円から10万円、特別教育に1万円程度の支払いが必要です。
ちなみに、ブルドーザーを建設現場で活用する方法を解説するための動画が、過去に建設省主導で作られています。
ブルドーザーを製造しているメーカーは、コマツとアメリカのキャタピラーが中心で、小型機から大型機などを中心に製造しています。
他には三菱重工、日立建機、古河鉱業などのメーカーも以前は製造していました。

ブルドーザーについて

ブルドーザーについて

ブルドーザーは、土砂をかきおこしたり、整地に使われたりする建設機械です。
このブルドーザーで活用されているタイプは、3トン程度の小型タイプから、100トン以上の大型タイプまであります。
近年、開発の進んだ先進国では使われる機会が少なくなってきていますが、開発途上国では土地を切り開くためなどに多く使われています。
ブルドーザーの車体は、前面には土砂を押し出せるブレードが、後方に土砂や岩盤を砕くリッパーという爪が付き、キャタピラーを使って動きます。
また、ブレードやリッパーは、作業内容によって使い分けられています。
ブレードの種類は、標準的なブレードのストレートドーザ、土を押し込むためにU字型に作られたUドーザ、アングルを調整できるアングルドーザなどに分かれます。
リッパーの種類は、2本から3本の爪を備えたマルチシャンクリッパ、大型の爪が1本付いたジャイアントリッパ、貫入する角度を一定に保てるパラレルリンクなどがあります。
そんなブルドーザーは、国内では戦後以降に製造が進み、普及していきました。

  • 厳選5社の見積が分かる!一括査定へ!!

査定見積もり代行します!

  • 車種

  • 形状

  • 年式

  • 走行距離
    稼働時間

無料相談はお気軽に! フリーダイヤル:0120-966-552 9:00~19:00(日曜除く)

今すぐ無料 簡単査定 PAGE TOP