キャンピングカーの詳細

キャンピングカーの特徴

キャンピングカーの使用目的は車中泊をメインしている場合が多く、特にバンコンタイプに人気が集まっています。
キャンピングカーの設備はベッドスペースやキッチン、シャワー、トイレ、冷蔵庫、TV、ルームエアコンなどがあり、バッテリーも備えているので、小型の電化製品程度なら充電可能です。
また、国内ではプロパンガスの取り扱いが厳しいので、オール電化仕様の車両も増えてきています。
このような設備を生かせば、車内を暖かく保つこともできるので、アウトドアなどの際に大活躍し、キャンプ用具などの荷物も大量に積めるので、必要な荷物を常に積んでおけば、準備の手間も少なくなります。
そんなキャンピングカーの構造要件は、乗車定員の3分の1以上の人数分、寝台が必要であったり、湯沸し器やキッチンなど、調理ができる設備や空間を備えることが定められています。
運転の際は、車両総重量や定員に準じた免許が必要になりますので、事前に確認しておきましょう。
実際に購入する場合は、目的に応じて必要となる設備の確認を行い、掃除やメンテナンスもマメに行いましょう。
キャンピングカーに架装される車両は、トヨタ・ハイエースや日産バネット、トヨタ・コースターなどがあります。

キャンピングカーについて

キャンピングカーは、キャンプカーとも呼ばれる特種用途自動車です。
このキャンピングカーとは、車内で寝泊まりすることができる車両の総称であり、海外ではRV(Recreational vehicle)やMotorhome、Truck Camperなどと呼ばれています。
また、国内では5種類の架装に分類でき、専用のシャーシから架装されたフルコン、キャブのついたシャーシを架装したキャブコン、ワンボックスカーを加工したバンコン、マイクロバスをベースにしたバスコン、軽自動車に手を加えた軽自動車キャンピングカーに分けられます。
キャンピングカーの主な使用目的は、友人や家族、ペットなどと時間やホテル代などを気にせず宿泊することです。
このため、必要な設備などがあれば、観光地を転々と移動することも容易になります。
さらにオートキャンプ場も利用できたり、自家用車としても使用が可能です。
キャンピングカーを使用する際のメリットは、時間に縛られず、予定変更も簡単にできることや、旅行などの準備が容易になることです。

  • 厳選5社の見積が分かる!一括査定へ!!

査定見積もり代行します!

  • 車種

  • 形状

  • 年式

  • 走行距離
    稼働時間

無料相談はお気軽に! フリーダイヤル:0120-966-552 9:00~19:00(日曜除く)

今すぐ無料 簡単査定 PAGE TOP