幌車の詳細

幌車の特徴

幌車の特徴

幌車は、主に小規模の運送業や花屋、個人の引越などで用いられています。
この幌車で用いられる幌は、シートを自分でかけるタイプ、ワンタッチで枠とシートを装着するタイプ、アコーディオンタイプなどに分かれています。
基本的には後方開閉できるタイプが多く、中にはカーテンのように開くものもあります。
幌車が現在も活用されている理由は、価格の安さや自分で組み立てられること、最大積載量を増やせる点などがあります。
幌自体は、綿やポリエステルなどの素材で作られていて、破れた場合は補修テープを貼ることによって修復ができ、アルミバンやウイング車よりも、安価に修理できます。
幌の色はグリーンやグレーが多くなっていますが、最近はブルーやオレンジ、ネイビーなども採用されていて、幌自体に印刷を行うことも出来ます。
そんな幌車の架装を行うのは、富士車体や武田シートなどのメーカーなどです。
車両は小型トラックや中型トラックが中心に用いられていて、日野・デュトロ、三菱ふそう・ファイターなどが活用されています。
トラックは三菱ふそう・ファイター、いすゞ・ギガ、UDトラックス・クオンなどが用いられています。

幌車について

幌車について

幌車とは、平ボディトラックの荷台に、幌用の骨を設けてシートで被ったトラックです。
荷台が幌で覆われることにより、直射日光や風雨から荷物を守ることができます。
また、幌車は天気や用途などによって、平ボディと幌車を使い分けることも可能です。
幌は降雨時に荷物を濡らさないようにしたり、汚れを防ぐために、防水加工が施されたりしていることも多くなっています。
さらに、自分でも取り付け・取り外しが簡単にできるので、汎用性も高くなっています。
幌車の中には、植物など背の高い荷物の場合、高さを変更することができるタイプもあります。
現在はアルミバンやウイング車の普及によって、幌車の出番は少なくなってきていますが、これらの形状よりも安く導入できるため、まだまだ用いられています。

  • 厳選5社の見積が分かる!一括査定へ!!

査定見積もり代行します!

  • 車種

  • 形状

  • 年式

  • 走行距離
    稼働時間

無料相談はお気軽に! フリーダイヤル:0120-966-552 9:00~19:00(日曜除く)

今すぐ無料 簡単査定 PAGE TOP