クレーン付き(ユニック車)の詳細

クレーン付き(ユニック車)の特徴

クレーン付き(ユニック車)の特徴

クレーン付き(ユニック車)は、人が持ち上げられない重い荷物を持ち上げる際や、高いところから荷物を降ろす際などに活用されています。
このトラックを新車で購入する際は、架装メーカーが注文に基づいてクレーンをメーカーから購入し、市販されているトラックに取り付けて納品されます。
車両のキャブはシングルキャブが多くなっていますが、場合によってはダブルキャブのタイプが発注されることもあるそうです。
また、運転を行う際はトラックの大きさによって必要な免許が変わり、普通免許から大型免許までのいずれかを持っていないといけません。
さらに、クレーンは高い場所での作業を可能にするため、用途に応じて2段から6段まで伸びるようになっています。6段まで伸ばせば、地上から16メートルの高さまでクレーンを上げることができます。
そんなクレーン付き(ユニック車)は、アーム部分を伸ばした状態で運転した際や、荷台の荷物によってアームを前に出さないといけない場合は、衝突事故が起こりやすいので注意が必要です。

クレーン付き(ユニック車)について

クレーン付き(ユニック車)について

クレーン付き(ユニック車)は別名ユニック車とも呼ばれていますが、この名称は古河ユニックというメーカーが造るクレーンの名称です。
クレーン付き(ユニック車)は他のメーカーも造っていますが、古河ユニックが国内の半分のシェアを占めているため、ユニックという名称が代名詞として定着しました。
このクレーン付き(ユニック車)は、小型トラックから大型トラックまで様々な架装が施され、運転席と荷台の間にクレーンがあるキャブバック、荷台前方にクレーンを備えた荷台内架装型、キャブバックにより伸ばせるアウトリガを付けたハイアウトリガ型になどに分類されます。
近年のクレーン操作はリモコン式であるため、1人でも操作が可能になっていますが、操作を行うにはクレーン免許や玉掛けなどの資格が必要です。は別名ユニック車とも呼ばれていますが、この名称は古河ユニックというメーカーが造るクレーンの名称です。
クレーン付き(ユニック車)は他のメーカーも造っていますが、古河ユニックが国内の半分のシェアを占めているため、ユニックという名称が代名詞として定着しました。
このクレーン付き(ユニック車)は、小型トラックから大型トラックまで様々な架装が施され、運転席と荷台の間にクレーンがあるキャブバック、荷台前方にクレーンを備えた荷台内架装型、キャブバックにより伸ばせるアウトリガを付けたハイアウトリガ型になどに分類されます。
近年のクレーン操作はリモコン式であるため、1人でも操作が可能になっていますが、操作を行うにはクレーン免許や玉掛けなどの資格が必要です。

  • 厳選5社の見積が分かる!一括査定へ!!

査定見積もり代行します!

  • 車種

  • 形状

  • 年式

  • 走行距離
    稼働時間

無料相談はお気軽に! フリーダイヤル:0120-966-552 9:00~19:00(日曜除く)

今すぐ無料 簡単査定 PAGE TOP