クレーン付き(ユニック車)を高額買取!

クレーン付き(ユニック車)の買取査定ポイントについて

新しく買い換えるので
高く買い取って
もらいたい

使用していないので
売却したい

グレードアップ
したいので
不要になった

査定ポイントを押さえてお悩み解決!

  • クレーンの段数は何段か
  • アウトリガーは丸足か角足か。角足が人気!
  • 上物の年式(ダンプとクレーン)
  • 吊トン数はどれくらいか
  • ラジコン、リモコン付きはGOOD!

査定見積もり代行します!

クレーン付き(ユニック車)得意業者一括査定依頼!

  • 車種

  • 形状

  • 年式

  • 走行距離
    稼働時間

無料相談はお気軽に! フリーダイヤル:0120-966-552 9:00~19:00(日曜除く)

クレーン付き(ユニック車)について

クレーン付き(ユニック車)ってどんな車両?

クレーン付き(ユニック車)の特徴

クレーン付きとは、平ボディのキャブと荷台の間に、クレーンを備えたトラックです。
クレーンを活用できれば、荷物を高く吊り上げた上で、水平に運べます。
また、荷台がダンプアップできるタイプの車両も製造されています。
このクレーン付きトラックは、古河ユニックの商標であるユニックという名称が定着しています。
また、TADANOではカーゴクレーン、加藤制作所では積載型クレーンとも呼ばれています。

クレーン付き(ユニック車)の特徴

クレーン付き(ユニック車)の特徴

クレーン付き車両には、作業中に車体を安定させる役割のあるアウトリガーが備えられています。
アウトリガーを使用する際は、硬い地盤の上で最大まで張り出す必要があります。
クレーンが吊り上げられる荷重は、3トン程度までとなっていて、操作には移動式クレーンの資格が必要です。
段数は2段から7段まであり、ラジコンで操作できる場合もあります。

サイズ

小型、中型、大型、増トン

必要な免許

普通免許、中型免許、大型免許

代表的なメーカー

古河ユニック、タダノ、加藤製作所

代表的な車種

いすゞ・エルフ、三菱ふそう・キャンター、日野・デュトロ

主に活躍している業種・現場

建設業、運送業、造園業など

他の形状を見る

クレーン付き(ユニック車)の詳細

査定見積もり代行します!
今すぐ無料 簡単査定 PAGE TOP