クローラークレーンの詳細

クローラークレーンの特徴

クローラークレーンの特徴

クローラークレーンの車体は、クレーンや運転室などの全装置が、車体上部の旋回部分に装備され、車体下部は走行帯になっています。
車体の分類は、荷重によって小型と大型に分けられ、小型タイプは荷重5トン未満で、移動式クレーン運転士免許や、小型移動式クレーン運転技能講習の修了が必要です。
この中でも、3トン未満で折り畳みアウトリガーを持つタイプは、形状からカニクレーンやクモクレーンと呼ばれ、石材工事や造園工事などに使われています。
大型タイプは荷重5トン以上から、世界最大級と言われる3000トン程度のものまでの車体が使われ、操作には移動式クレーン免許が必要です。
この大型タイプは、橋梁や発電所の建設などに活用されています。
また、クレーンの操作を行う際は、荷物が重かったり風が強いなどの理由で、荷振れが発生する場合があります。
この荷振れを防止するためには、慎重なレバー操作を行い、ブームが動く感覚をつかむことが大事と言われています。
クローラークレーンの製造メーカーは、コベルコ建機、日立住友建機、コマツなどがあり、カニクレーンは古河ユニック、前田製作所などで作られています。

クローラークレーンについて

クローラークレーンは、クローラー(履板)と原動機を備え、自力で移動できるクレーンの一種です。
このクローラークレーンは、接地圧が小さいクローラーによって、地盤が安定していない所でも作業を行えます。
自走する際のスピードが遅いので公道は走れず、トレーラーなどで運搬されます。
また、クローラークレーンはアタッチメントによって種類が分けられます。
これは、一般的なジブ付きと、補助ジブを使った吊り上げ作業もできる補助ジブ付き、垂直型でジブを使った引き込みを行うタワークレーンなどがあります。
さらに、タワークレーンを少し傾けて、補助ジブも備えたラッフィングクレーンも活用されています。
これらのクレーンは、主にビルの建築や港湾での荷役など、長期間を要する作業に使われることが多くなっています。
加えて、狭い都市部などの作業に対応するため、可動範囲が広い機体が活用されます。
車体に備えたブームはトラス形式が多く、狭い場所で使われるタイプは、油圧式のブームも使われています。

  • 厳選5社の見積が分かる!一括査定へ!!

査定見積もり代行します!

  • 車種

  • 形状

  • 年式

  • 走行距離
    稼働時間

無料相談はお気軽に! フリーダイヤル:0120-966-552 9:00~19:00(日曜除く)

今すぐ無料 簡単査定 PAGE TOP